TK1911T cal. 44TK⑧

スライドとアウターバレルの塗装が完全硬化しました。
さすがはウレタンプライマーサフェーサー! 表面の凸凹が完全に消えています!
流行りの『痛銃』ならコレで完成でも構わないでしょうが…



ウレタンプライマーサフェーサーを削り落として表面を研磨します。
溶きパテより格段に硬いので疲れます。240番のペーパーでもなかなか削れません。特に曲面部分は削り過ぎに注意しながら作業するので気を遣います。

研磨が終わるとこんな感じになります。
パッと見は前回とあまり変わりませんが、細部の滑らかさは比較になりません。



スライドです。
滑らかさが格段に向上しているのが一目瞭然です。
指で撫でるとツルツルです!







アウターバレルもツルツルになりました。
シリアルナンバーが施された平面も良い感じに仕上がりました。





そしてF/Rサイトです。
塗料の微粒子が凸凹の隅々まで入り込んだおかげで凸凹が消えました!
ツルツルピカピカです!



それでは塗装に移ろう…の前に、どうしても気になる点があります。
今回のカスタムを始めた時から気になっていた「疑問」です。
何かといえば…







上の二枚はTK1911Tの試作モデルと市販モデル、そして最後はP226 TK-Proの銃口部分の写真です。これらの写真にはある共通した特徴が見られます。
何かといえば…

「ライフリングがないのではないか?」

試作モデルの写真で顕著ですが、ライフリングが全く見られません。
実銃のライフリングがエアガン/モデルガンの誇張された造形よりもずっと控え目な形状なのは認識していますが、上の写真では「控え目」どころか完全にツルツルでライフリングらしきモノが全く確認できません。


色々調べると、やはり非致死性ゴム弾を使用する拳銃のバレルにはライフリングが施されていない事が判りました。
10×28mmテクリム弾を使用する別の銃の動画をキャプチャーした写真です。バレルを光に透かせて内部の形状を確認している場面です。



ライフリングがありません! 見事にツルツルです!
やはり非知性ゴム弾を使用する拳銃のバレルにライフリングは施されていませんでした! バレル内部は完全な筒状です!

「それでは飛距離が伸びないのではないか?」

ライフリングが施された銃腔内に弾丸を通過させる事で弾丸を進行方向に対して垂直方向に回転させ、その回転によるジャイロ効果で弾丸の直進安定性と飛距離を確保するのは銃火器の常識です。



ライフリングはコチラです



ジャイロ効果はコチラです


銃腔にライフリングがないと火縄銃と同じ「滑腔砲」になってしましますが…
コレに関して驚くべき写真を見つけました!
エアガンの写真ではありません。10×28mmテクリム弾を使用する拳銃のバレルをフィードランプ側から撮影した写真です。


コレは衝撃的な写真です! まるでエアガンの様なホップパッキン?らしき物体がバレル上部に設置されています!
いくら非致死性ゴム弾とはいえ、実銃用薬莢と実銃用火薬を使用する弾薬をホップパッキン付きのバレルで発砲するのか!? と思いました、が…

さらに調べると決定的な資料が見つかりました!
やはり非致死性ゴム弾を使用する拳銃のバレルはホップ機能付きの非ライフリングバレルでした!





非致死性ゴム弾仕様の拳銃は飛距離を稼ぐために、ホップパッキンならぬホップ棒?を圧入?溶接?したホップ機構付きのバレルを使用しています。しかもバレルはストレート形状ではなく、内径が段階的に細くなっていく特殊形状です!

しかし上の写真のホップ棒の配置では、最初にバックスピンが発生した直後に正反対のトップスピンが発生すると思うのですが…



非致死性ゴム弾にも色々な硬さと大きさがあります。薬莢の大きさも火薬の量も異なれば発射するバレルの長さも異なります。そのために銃ごとに最適なホップ機構を導入しているのでしょう。
製造会社によって方式が違う可能性も考えられます。

上の三枚の写真は「オホートニク社」というテクリム社とは別の会社が製造している非致死性ゴム弾仕様の拳銃 "GRAND POWER T15F" のモノです。
珍銃好きの私もココまでくるとお手上げです…
コチラです



動画はコチラです。
30分以上ある長い動画ですが、この銃を一番判り易く解説した動画です。冒頭で赤いシャツのお兄さんが "オホートニク" と言っているので社名は合っていると思いますが、あまり自信はありません。
ま、日本では100%製品化されない銃なので関係ありませんが…


米国ではこの手の非致死性ゴム銃を "Russian Popgun" とバカにする風潮がありますが、子供に.22LRの実銃を持たせる替わりに非致死性ゴム銃を持たせれば悲惨な死亡事故が減ると思います。
しかしそんな事をすると「テッポーって安全だから!」とバカスカ銃を撃ちまくる迷惑な大人に育ってしまいそうです。国が違うと「常識」も違いますね…

"popgun(おもちゃのテッポー)" はコチラです



それはさておき…

これでようやくTK1911Tの動画に登場する「謎の場面」の意味が解りました。
動画の後半に放電加工?でバレルの側面に穴を開けている場面が登場するのですが、今まで「なぜバレルの側面に穴を開けるのか?」全く理解できませんでした。
実はこの場面こそ「ホップ棒を設置する溝の加工作業」を捉えた貴重な画像でした!








右側のバレル五本は右側にホップ溝が施されていますが、左側のバレル三本は左側にホップ溝の加工が行われています。恐らく両側にホップ棒を設置するのがテクリム社がTK1911Tで採用している方式なのでしょう。

鉛の弾丸をライフリングの施されたバレルから発射する「普通の拳銃」の常識は非致死性ゴム銃には通用しない様です…



それはさておき…
謎が解けてスッキリしました!
TK1911Tのバレルにライフリングはありません!


という訳でアウターバレルのライフリングを削り落とします。
マッドさんには申し訳ない気がしましたが、ライフリングの「衝撃の事実」はつい最近調べて判明したコトなので仕方ありません。



ライフリングなしのツルツル状態です。
ますます怪しさが倍増しました。

バレルブッシングも加工します。
テーパー加工部分にジーナスで接合したYG(イエローゴールド)のサークルがバレルブッシング前面から0.3mm突出しています。
コレをバレルブッシングとツライチになるまで削ります。





バレルブッシング前面も研磨して完全なツライチにしました。
この状態でインディのドブ漬けブルー液で黒染めします。





綺麗に染まりました。
YGはブルー液に反応しません。金色のままです。しかしコレではパチモンの高級時計みたいなイヤラシイ配色なので、マスキングしてサークル部分だけウレタンメタリックシルバーで塗装します。



という訳で…
スライド、アウターバレル、バレルブッシング、F/Rサイトの四点を塗装しました。
「時間的に真っ暗だったので外灯とLEDフラッシュライトの明かりで塗装した」のは先のマルシンM39の記事で書いた通りです。





隙間のジーナスまでシルバーになってしまったので余計な凸凹が目立ちますが、1mm以下の隙間なので気になりません。この程度なら許容範囲内です。

塗装したアウターバレルと合わせてみます。





バッチリです!
バレルブッシングにカラーが圧入されたTK1911Tの雰囲気が良く出ています!
アウターバレルも同じウレタンメタリックシルバーなので色の統一感は完璧です!
ライフリングのないバレルも良い感じです!

ココまで上手く行けば何も言う事はありません!…と言いたいトコロですが、実はアウターバレル全体の塗装が上手く行っていませんでした。上の写真でもマズル部分の表面がザラザラしているのが確認できます。

上手く行かない時はとことん上手く行かないモノです。
どう上手く行かなかったのかはお楽しみ?です。

次回に続きます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です