SV Infinity ”Fast8 Pistol”④

さてハイキャパです。
一発も撃たずに完全分解しました。



買ったばかりの新品をいきなり分解したのは初めてですが…なかなか手強いです。
中古だと誰かが弄った後なので割と簡単に分解できますが、新品だと部品同士がカッチカチに組まれているので外すのに硬くて苦労します。

用意したパーツを組み込んでいきます。
社外バーツが沢山あるとテンションが上がります!

まずロケットバルブとブラックバルブをサクッと組み込みます。



次にバレル関係です。
ゴールドマッチ純正アウターバレルにPDI DELTA 6.03mm+インナーバレルの組み合わせです。
PDI製インナーバレルはTARGETカスタムに装着して弾道が散りまくったアレです。
ツイストバレルと交換して取り付けていたハイキャパ改から取ってきました。おかげでハイキャパ改は遂にノーマルバレルになりました。



実はハイキャパ改は数年前から職場の先輩に「売って欲しい」と言われてましたが、ずっと「調子がイマイチなので」と先延ばしにしてました。

ステンレススチールという実銃のバレルと全く同じ材質の高硬度メタルアウターバレルを組み込んだメタル比率の高いハイキャパです。そんなグレーなカスタム銃をそのまま素人に譲る訳にはいきません。
ダイナピストンヘッドの気密不足もありますので。

それが今回のカスタムで思いがけず純正アウターバレルと純正ピストンヘッドが余りモノとして使用できる事になりました!



ツイストバレル→PDI DELTA→純正バレルと、完全に「パーツ取り銃」扱いです。
とうとう純正バレルになりました。

しかし作動は激変!「バシン! バシン!」とメチャクチャ強烈なブローバックでビシビシ弾を放ちます! 今日(昨日?)は部屋撃ちですが前回のロケより明らかに弾の威力が違います!



しかもアウターバレルがシルバーになって落ち着いた雰囲気になりました。
MEUスライドとの相性はコチラの方が良いと思います。

たなぼた的な改修でしたが、性能と外観が両立したナイスな銃になりました。
もっと早く直しておけば良かったです。



なんだか手放したくなくなってきました。
やはり作動が快調だと愛着が増しますね! 愛着倍増です!
しばらく話題になってないので、このまま忘れてくれるのを待ちましょう。



使い込んだ感がまた良いですね…

おっと、話が逸れました。

次はリコイルスプリング周りとハンマースプリングです。
GUARDER製リコイルSPガイドロッドとRA-TECK製リコイルプラグにAIP製120%リコイルスプリングを組み合わせます。
ハンマースプリングも同じAIP製の120%スプリングです。



なぜリコイルSPガイドロッドとリコイルプラグが別々のメーカーかと言えば…

コレです!



上が本物、そして下がハイキャパです。
お分かりですね。



このアウターバレルを保持するガイド部分がリコイルプラグの先端にあるのはRA-TECK製品だけです。
細かすぎるポイントですがマズル部分なので非常に目立ちます。
ココは妥協できません。

赤丸で囲った切り欠きの用途は不明です。
できるなら埋めてしまいたいです。

仮組みするとこんな感じです。
なかなか良い感じです。期待が膨らみます。



次はトリガーとハンマーです。
Anvil製インターチェンジャブルトリガーとSVハンマーです。



実は ”Fast8 Pistol” のハンマーはオールシルバーなのですが流通在庫にサイドポリッシュしかなかったので、仕方なく購入しました。
自分でポリッシュしてオールシルバーにする作戦です。

しかし…



皮膜が硬くて全然落ちてくれません。
240番のペーパーで削ってようやくこのくらい落ちました。
研磨が下手にも程がありますが…中途半端な使用感?になりました。
エッジが垂れちゃってますし。
新品パーツ満載の中でこのハンマーだけが浮いてしまいそうです。
要修正です。

トリガーはベースとインサートの組み合わせ構造です。

が…



アルマイトの色調が違ってます。
しかも噛み合わせの寸法がキツキツなので、圧入すると角のアルマイトがチョコチョコ剥げてしまいます。
これだからAnvil製品は好きになれません。
値段なりのクオリティを切に願います。

続いて純正流用パーツです。

シルバーの機能パーツはデュアルステンレスからの流用です。
普通のステンレスモデルだと銀色の塗装でお世辞にも綺麗とは言えません。質感を求めるならデュアルステンレスのメッキパーツになります。
スライドストップ、アンビセフティ、マガジンキャッチの四点です。



そして4.3のシャーシです。
これはバトラーカットを再現するために欠かせないパーツです。



長さが良い感じ!
もう数ミリ長ければ完璧ですが、少々の差異は気にしません。
これをバトラーカット用ロングシャーシとして使用します。



リーフカットを埋めてバトラーカットを整形して、シャーシ先端も斜めに削って…
結構大がかりな加工になりそうです。

次回に続きます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です