Randall 1911 Model B111③


スライド加工の続きです。




スライド右側後方にサムセフティの切り欠きをケガいて、ノコビットで切断します。












スライド左側の切り欠きをプラリペアで埋めます。








スライド後部はこのようになっています。エジェクターが左で、エキストラクターが右です。1911系では見慣れた光景です。








しかしランドール製左利き1911はすべてのパーツが左右反転しているので、エジェクターとエキストラクターも左右が逆になります。エジェクターが右で、エキストラクターが左です。







これを再現するために、エジェクターとエキストラクターを左右反転させます。




マルイ1911系はブリーチ後端の二本の突起のうち、左側の突起の先端にエジェクター形状が成型されています。この部分がスライド後端から突出する事で、リアル形状(外観のみ)のエジェクターが再現される仕組みです。




エキストラクターはただのモールドですが…












エジェクターの切り欠きをプラリペアで埋めます。








硬化後に棒ヤスリとペーパーで整形します。








切り欠きを埋めるとブリーチが装着できなくなるので、ブリーチ後端の突起を二本とも切断します。突起を切断してもブリーチの固定は問題ありません。ブリーチをスライドに組み込む際に前後の位置が少し判り難くなるだけです。








スライド後端左側に、エキストラクターモールドと同じ円をケガきます。








切削ビットで円の内側を削り取り、エキストラクターを装着する切り欠きを整形します。








次にエキストラクターモールドをプラリペアで埋めます。








硬化後に余分なプラリペアを削り落とし、下側を切削ビットで縦に掘ります。








ここに切断したブリーチ後端の突起を固定して、プラリペアで埋めて型を取ります。








硬化後に棒ヤスリとペーパーで整形して、エジェクターを装着する切り欠きを整形します。








これで準備OKです!








整形した切り欠きにエジェクターとエキストラクターを装着します。




まずエジェクターの切り欠きにセロテープをピッタリと隙間なく貼り付けます。ハンマー側にもセロテープを貼り、切り欠き部分を完全にセロテープで囲んでしまします。








セロテープで囲まれた切り欠き部分にプラリペアを流し込みます。








次にMEUピストルのスライド後端部分からエキストラクターモールドを切り出し、そこからエキストラクター部分だけを切り出します。












これをセロテープでエキストラクターの切り欠きに固定し、内側からプラリペアで溶着します。












エジェクターの切り欠き部分に流し込んだプラリペアを取り外すと、こんな感じにエジェクターの型取りが出来ています。








これをエジェクターの切り欠きに固定して、内側からプラリペアで溶着します。








内側に盛り付けたプラリペアは外側から見えない訳ではありません。ハンマー側の側面は外側に露出しているので、綺麗に仕上げる必要があります。








特に左側のエキストラクター内側は大きな円筒形の穴が開いた状態なので、プラリペアでガッツリ埋めましたが…ガッツリ盛り過ぎてブリーチが組込めなくなりました。




盛り付けたプラリペアを削り落とします。








黄色い丸で囲んだ部分を切削してハンマー側の側面を棒ヤスリで整形して…ようやくブリーチが組み込めました。












しかし…




エジェクターとエキストラクターの裏側だけをプラリペアで溶着して、表側の隙間は別パーツらしく見える様に残しておく作戦でした、が…




内側の切削部分を埋めるために大量のプラリペアを盛り付けたおかげで表側の隙間にもプラリペアが流れ込み、気付いた時には隙間が完全に埋まっていました。




仕方なくケガキ棒で隙間をケガいてみましたが、凝った作業を行ったとは思えない程、汚い見た目になってしまいました。








汚いケガキ線をプラリペアで埋めます。




そもそも「ABS/プラリペアで製作したパーツをプラリペアでABSスライドに溶着する」という作戦そのものに無理がありました。金属パーツならともかく、ABS/プラリペアのパーツがABSスライドと一体化する事など、容易に予測できた筈ですが…








硬化後に棒ヤスリとペーパーで整形しましたが…




何回も整形を繰り返したおかげで、色々な部分がガタガタになってしまいました。ハンマー側の側面が歪んだだけでなく、フレームと接する下面も歪んでいます。




おおぉぉぉ…








歪んだ部分を修正しなければ、先に進めなくなってしまいました。




しかしこれだけ歪んだ面をすべて綺麗に仕上げ直すのは大変です。いっその事、ジャンクBOXに転がっている他のマルイ1911系スライドの後端部分を移植した方が早い気がしますが、それではサムセフティの切り欠きを左右反転するトコロからやり直しになってしまいます。







ちょっとアタマが痛くなってきたので、修正作業は後回しです(え!?)。気分のリフレッシュを兼ねて、カスタムパーツを組み込みます。




今回はいつものギガバルブではなく、RCC製シリンダーバルブを購入しました。ギガバルブはピストンヘッドとセット販売なので高額ですが、この商品はシリンダーバルブ単品なので割安です。








純正シリンダーバルブと比較すると、ガスルートの大きさが全く違います。燃費はあまり良くなさそうですが、初速アップは期待できそうです。








チラリと見える金色のシリンダーバルブがカッコイイ!








最後に現実逃避してしまいましたが、スライド加工はこれで一旦終了です。




次回からフレーム加工を行います。フレームの左右反転はスライド以上にアブノーマルな作業の連続で楽しいです! そして亜鉛合金製スライドストップ/サムセフティの左右反転に加えて、これまた亜鉛合金製のマガジン左右反転加工も行います。




難易度の高い加工が目白押しです!




お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です