KSC CZ75改ジェリコ941F④


フレーム加工を続けます。




バックストラップ形状の違いを隠すために、大日本技研レプリカグリップを装着します。コレが上手く行かないとバックストラップ総移植を強いられるという、地味ながら重要な加工です。




ジェリコ用グリップなのでポン付けでは装着できません。とはいえグリップの前後長が左右2mmほど長いだけなので、削り加工で十分対応できます。








バックストラップを削ります。最初はバックストラップ後方部分をキッチリ2mm削り込む方向で加工していましたが、グリップ内側を観察すると、そこまでガッツリ削る必要はなさそうです。








バックストラップ後方部分を約1.5mm削り込んだ状態でグリップを仮組みすると、後方部分は既に隙間が空いて光が透けているのに対して、左右のカド部分が強く干渉してグリップの装着を妨げています。




そこでグリップ内側のRに合う様に、左右のカド部分を削ります。












これでグリップを装着できます!




 ほんの少しだけグリップが動きますが、この段階ではコレで構いません。カスタムがすべて完了した時にバックストラップ後方部分にプラリペアを薄く盛って修正します。












バックストラップ後方部分を削り過ぎてハンマーストラット溝が浮き出ていたので、その部分を削り落として綺麗に整形しました。バックストラップ部分の強度が落ちましたが、作動に影響はありません。大日本技研レプリカグリップは肉厚でガッシリしているので、グリップを装着すれば強度不足は心配しなくても良さそうです。








次にCZとジェリコのビーバーテイル部分を切り落とします。




写真で見るとよく判りますが、両者は形状や角度だけでなく長さも幅も異なります。ジェリコのビーバーテイルの方が長くて幅が広いです。








CZフレームにジェリコのビーバーテイルを移植します。幅が異なるので中央のパーティングラインを基準に位置決めを行い、元のジェリコと同じ角度になるようにプラリペアで溶着します。








硬化後に棒ヤスリで形状を整えます。幅の狭いCZフレームに合わせて左右を削るので、元のジェリコよりも少しだけ細くて長い形状になりました。












これでフレームの形状変更は完了です!




しかし…




ニコイチ部分の前後でスライドレールの髙さが異なっています。これはCZのスライドレール幅がジェリコより0.5mm厚いのが原因です。スライドとフレームを嵌合させた状態でフレームを接合させたおかげで、両者のスライドレール幅の違いが一目瞭然です。








またレール部分の斜めカット部分も形状が異なります。CZよりジェリコの方が幅の広い大胆な斜めカットが施されています。








この場合、高いCZスライドレールを低いジェリコスライドレールに合わせて0.5mm削るのが一番簡単で現実的な加工方法です。




しかし「KSC CZ75の作動性能を維持する」ためには、面倒でも「ジェリコのスライドレールをCZと同じ高さまでカサ上げする」のが正しい加工方法でした。そうすればスライドレール部分の寸法がCZのまま維持されるので、スライド加工が終わった段階でスライドとフレームを組み合わせても、作動性能が変化する事はありません。




この段階でそこまでキチンと計算して作業すれば良かったのですが…








安直に高いCZスライドレールを0.5mm削って低いジェリコスライドレールと同じ高さに加工しました。そして斜めカット部分も幅の広いジェリコフレームに合わせて削り加工を施しました。




この「CZフレームのスライドレール幅を0.5mm細くした」のが、後に発生するすべての問題の元凶になるのですが…この段階では知る由もありません。




荒削り状態のフレームをペーパーで仕上げます。フレーム左右をガッツリ削って平面出しを行い、ヤスリキズを消します。








トリガーガード根元部分を綺麗に削ります。そしてトリガーガード側面を削って継ぎ目を消すと共に平面出しを行います。












ビーバーテイル部分を整形して、パーティングラインを消去します。








そして今回、新しい工具を購入しました! 『特殊形状ダイヤモンドシャープナーセット』です! amazon価格1,080円(税込)の安価な工具ですが、性能は抜群です! 10本も入っているのでコストパフォーマンスがメチャクチャ高いです!








こういうコテの様に反った形状のダイヤモンドヤスリです。手持ちの棒ヤスリでは逆R面を整形するのが困難でしたが、コレを使えば逆Rを歪めずに硬いプラリペアを削り落とせます!












 荒れた逆R面にプラリペアを盛り付けて特殊形状ダイヤモンドヤスリで整形し、ペーパーでヤスリキズを消して表面仕上げを行った状態です。普通の棒ヤスリではこうは行きません! 良い買い物をしました!








これでフレームの加工は完了です!




バックストラップ形状が異なりますが、ほぼジェリコになりました! すべてはメーカーも製造時期も異なるふたつの銃が、驚異的な寸法の近似性と機能部分の互換性を持ち合わせていたおかげです! 本当に「KSCがハドソンジェリコをパクったのでは?」と疑いたくなるほど形状が酷似しています!
















フレームを組み立てます。




各種レバー類がCZなので違和感がありますが、概ねこういう感じになります。スライドストップとセフティを第三世代ジェリコ形状に変更して大日本技研レプリカグリップを装着すれば、違和感はなくなると思います。ハンマーをどうするかは未定です…




プラリペア盛り盛りで整形したトリガー後方部分が少し干渉していたので、削って調整しました。調整後はトリガーを引き切ってもフレームに干渉せず、ちゃんとハンマーが落ちます。




それ以外の各種レバー類は問題ありません。すべて正常に機能します。








次回からスライドの加工を開始します! サクサク完了したフレーム加工とは比較にならない困難な加工の連続です! そして作動不良の無限ループに陥るのですが、それは先のハナシという事で…




次回に続きます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です