KSC CZ75改ジェリコ941F①

私がブログを始めたのは「ハドソンジェリコ941をまともに作動させる!」という、難航不落の要塞を攻め落とすのに等しい荒行を成し遂げるための「モチベーション維持」が目的でした。

その甲斐あって、製作から二年経過した今でもガス漏れ皆無で作動完璧なジェリコを完成させる事ができました! 大阪マッドポリスさんに刻印加工と第二世代セフティ製作と塗装を依頼して完成させた "ウージーイーグル" です!

カスタムは大成功しましたが…加工したのはマガジンだけです。肝心のブローバックエンジンはハドソンの改良型バタフライシステム、そしてチャンバーもハドソンの可変ホップチャンバーのままです。

そのため平均初速は僅か37.54m/sで命中精度はお察しという、現代スペックのエアガンと比べると残念な性能です。

もちろん「ガス漏れ皆無でガンガン撃ちまくれるハドソンジェリコ941」という "奇跡の銃" に初速や命中精度を求める事自体、ヤボなハナシなのは百も承知です。しかしヒトは目標を達成すると、やがて次の目標を求め始めるモノです。それは登山家もスポーツ選手も芸術家も同じだと思います。

という訳で、再びハドソンジェリコ941をカスタムします! しかも今回は初速も命中精度も現代スペックのエアガンと同等以上を実現します!

ハドソンジェリコ941とKSC CZ75 2nd ABS システム7のツーショットです。ジェリコは大日本技研グリップ風のレプリカグリップが装着されていますが、それ以外は完全ノーマルです。このツーショットをご覧になれば、今回のカスタムがどういうモノか一目瞭然だと思います…

「KSC CZ75にジェリコのガワを移植して作動完璧なジェリコを製作する!」

余りにも安直なストレート過ぎる発想です。しかし闇雲に「似てるから合体させよう」という訳ではありません。前回のカスタムの際に両者の互換性を詳細にチェックしました。今回はその貴重なデータを活用して完全無欠のジェリコを製作する作戦です。

第二世代~第四世代までの実銃ジェリコには、CZと同様にセフティレバーがフレームに装着された "Fモデル" が存在します。2018年に商品ラインナップの大幅整理とモデルチェンジが行われた現行の第五世代ジェリコではカタログ落ちしてしまいましたが、第二世代~第四世代のFモデルであれば、CZベースで製作しても全く違和感はありません。

ちなみにジェリコの「世代」については、コチラの過去記事をご覧下さい。この記事を書いた2017年には第四世代までしか存在しませんでしたが、2018年に第五世代にモデルチェンジすると同時に "クラシックライン" という名称で継続販売されていたオリジナルスタイルのモデルが消滅しました。

今回製作するのは、コチラのイスラエル軍払い下げの第三世代ジェリコ941Fです。フレーム右側にダビデの星が刻印され、ランヤードリングが装着されたイカついジェリコです。今まで色々な実銃ジェリコの写真を見てきましたが、これほど威圧的なオーラを感じるジェリコは初めてです!

ま、1911で言えば "M1911A1" に相当する銃なので当然ですが…

…と言いながらグリップは大日本技研レプリカをそのまま使用するので、ランヤードリングは再現しません。他のジェリコには見られない特徴的なパーツなので再現したいのは山々ですが、如何せんジェリコとCZはバックストラップのラインが大きく異なります。なだらかなRを描くCZに対して、握り易さを極限まで追求してバックストラップ上部をストレートに変更したジェリコのグリップは形状が全く異なります。

外装の形状が異なるだけなら簡単に加工修正できますが、両者はハンマーストラットの形状が全く異なるので、CZのバックストラップをジェリコ形状にするとハンマーストラットが使用できなくなります。幸いレプリカグリップはCZのバックストラップを少し削るだけで装着できるので、バックストラップの形状違いを隠すためにレプリカグリップを使用します。

新ブログでのカスタム第一弾として、これ以上ない内容だと思います!

実はこのカスタム、ブログ移行作業で長期間ブログ更新が止まっていた期間にほぼ作業が終了しています。今は刻印加工のためにマッドさんにお送りしたスライドとフレームが戻ってくるのを待っている状態です。

次回からカスタム記事を開始します!
お楽しみに!

祝! ブログ移行!

ブログ移行が完了しました! https://kobakobagunblog.com/
お手数ですが新しいURLのブックマーク登録をお願いします!

6月2日の記事から一ヵ月以上経ちました…

この間、WordPressブログへの移行作業を行っていました。なんせ Yahoo!ブログに新規記事を投稿できるのが8月31日までで、それ以降は一切記事を投稿できなくなります。つまり「8月末までの三ヶ月でブログ移行を完了しなければいけない!」という事です。

そりゃあ焦るというモノです。

web上には無数の「ブログ移行の解説ブログ」が存在します。そういう先人達の知恵をお借りして作業を進めていましたが…途中から先に進めなくなりました。もはや「解説ブログに書いてある文章が何を意味するのか全く理解できない」状態です。見よう見まねでPCを操作しても「その操作で何がどうなるのか」が全く理解できないので、上手く行く筈がありません。

これはもう、専門知識がなければどうにもならない状態です。

そこで「ブログ移行代行業者」に移行作業をお願いしました。もちろん有料ですが他に方法がありません。調べると「イチから完全におまかせ」の場合にはかなり高額になるそうですが、私の様に「レンタルサーバーの契約」「独自ドメインの取得」「WordPressブログの開設」「記事データ&画像データ(行間やレイアウトがグチャグチャの素データ)の移行」を自分で行っている場合は、かなり費用が抑えられる事が判りました!

そこで今回は『サイト引越し屋さん』に記事データと画像データの編集と調整を依頼しました!

『サイト引越し屋さん』は日本初の "WordPress専門の引越し代行業者" なので、当然ですがWordPressに精通してらっしゃいます。 しかもフリーの「お問い合わせ」に無知な質問をポコポコ送っても必ずビシッ!と的確な回答をして頂けます! なのに営業メールの類は一切送られてきません! 素晴らしい業者様です!

という訳で『サイト引越し屋さん』に依頼しましたが、なかなか一筋縄では行かず…一通り作業が完了したのが今月初めでした。

その後もチョコチョコ調整を続けて、ようやく移行作業が完了しました!!

移行の際にブログタイトルを変えました。

というのも、Yahoo!ブログでのブログタイトル "PLASTIC SYNDROME" はBUCK-TICKの楽曲名そのままなので、ブログタイトルで検索するとweb上に無数に存在する同名のBUCK-TICKブログ達に埋もれて検索されません。BUCK-TICKファンとしては「BUCK-TICKブログ多いなー」とか「"PLASTIC SYNDROME" 好きなヒト多いなー」とか考えると嬉しいのですが、自分のブログが埋もれてしまうとなるとハナシは別です。

新しいブログタイトル "CAN YOU SHAPE THE DREAM?" はBUCK-TICKのある楽曲内に出てくる歌詞の一部です。BUCK-TICK最初期の楽曲なのでまず他のブログ達とはカブらないと思います。というか、このフレーズが出てくる楽曲が判る方は相当なBUCK-TICK通です!!

さて! 栄えある新ブログ第一回目に登場するのはコチラ!

KSC SP2022ジャンダルムリです! 「今更なんでSP2022なの?」と思われるでしょうが…実はこの銃、昔から欲しくて仕方がなかった銃なのです!

あくまでも私見ですが、SIGの銃はスライドがガッシリ逞しいのに対してグリップが握り易さを重視してヒョロンとしているために上下のバランスが悪く、ドッシリ感に欠ける印象があります。しかしSIG PROシリーズはグリップが太くてガッシリしているのでカタマリ感があります!

SP2340/2009はフレーム前方が少し華奢な印象がありましたが、20mmレールが装備されたSP2022はフレーム前方のボリュームが増して完璧なルックスになったと思います!

この銃はオクで程度極上のジャンダルムリを落札したモノです。システム7搭載で300挺限定生産の貴重な銃なのに、入札したのは私だけでした。世間一般ではあまり人気がないのでしょうか…

メディアでの露出も殆どありません。最近では『ミッション・インポッシブル フォールアウト』の序盤でフランス警察の女性警官が構えるシーンで登場しましたが、相当なテッポー好きでないとこの銃がSIG PROシリーズの銃だとは判らないと思います。

この女性警官がジャンダルムリ(国家憲兵隊)かどうか不明ですが(IMFDBでは "Paris Police Prefecture" と記載されています)、今回の "SP2022ジャンダルムリ" にはピッタリの場面です!

この銃は「実銃グリップが無加工で装着可能」とウワサされています。そんなウワサを聞くと試さずにはいられません! 早速オクで実銃SIG PROシリーズ共通グリップを入手しました!

左側がKSC純正グリップで、右側が実銃グリップです。

KSC純正グリップは表面がザラザラした梨地仕上げのABS樹脂製ですが、実銃グリップはツルッとしたABS樹脂より少しだけ柔らかい樹脂が用いられています。そのため握った感触もKSC純正グリップはグリップ全体がサンドペーパーの様に手に食い付きますが、実銃グリップは凸凹テクスチャー部分だけが手に食い込む感覚です。

実銃グリップには製造年月を示すデイトコードが施されています。恐らく「2006年2月」に製造された事を示していると思うのですが、「6」でなく「9」かも知れませんし、左の方の「1(?)」と組み合わせて「16」なのかも知れません。その場合は「2016年2月」になります。このあたりはちょっと未知の領域ですが、少なくとも「2月」は合っていると思います…

SP2022のグリップは内側からツメ部分を押して下側に引き抜くと簡単に外れます。実銃SIG PROシリーズはこの構造を生かして大小さまざまなサイズのグリップが用意されていましたが、現在は "B" =ベーシック=ミディアムサイズ1種類に集約されている様です

エアガンにも関わらず実銃とほぼ同じ構造と部品構成のハンマー周りです! 圧巻です! これぞKSCの真骨頂! マルイには絶対にできない機能と構造の芸術的な融合です! ココを見るだけでもこの銃を入手した甲斐があります!

取り付けは逆の手順で下側から差し込むだけです。ただ部妙な寸法差か個体差か、実銃グリップはツメが完全には固定されませんでした。それでもグリップとフレームの嵌合がキツいので、思いきり下側に引っ張っても外れません。不完全でも一応ツメが効いている様です。

実銃グリップを装着するとこうなりました!

グリップよりもX200の方が目立ってます…

「実物」繋がりで実物X200を装着してみました。コチラは最初期型の "X200A" という、LEDなのに中華レプリカより遥かに劣る60ルーメンという残念な明るさ故にオクで格安で出品されていたモノです。今回は明るさよりも "良い感じの赤紫色" に変色したアルマイト色に惹かれて入手しました。この色合いはレプリカでは絶対に味わえません!

グリップは写真で見るよりもテカテカした質感なので、梨地仕上げのフレームと質感の差が強調されて良い雰囲気になりました!

X200Aとの相性はバッチリです! 違和感は全くありません! まさに「警察用ピストル」と呼ぶに相応しい、質実剛健な機能美溢れる銃になりました!

カッコイイ…

H&K USPにも負けない逞しさを感じます! しかもコチラは20mmレール標準装備です! USPもHK45になって20mmレールが装備されましたが、全体的にエッジを落としたエルゴノミックデザインは「押しの強さ」でUSPから一歩後退した印象があります。私はUSPのゴツゴツ感が好きなので、SP2022のゴツゴツ感は素直にカッコイイと思います!

ちなみに…

X200Aは60ルーメンと控え目な明るさながら、直視すると「うわっ!」と怯むだけの威力はあります。カメラで直視して撮影すると周囲が真っ暗になる光量です。しかし周囲が完全にブラックアウトしないのは、やはり残念なトコロではあります。

斜めから撮影するとこんな感じです。LEDの青白い光が良い感じですが、実はシュアファイアのLEDは意図的に色温度を下げて目に優しい黄色成分が含まれる様に調整されています。このX200Aも肉眼で見ると若干黄色っぽい光を放っていますが、カメラを通すとクルマのキセノンライトみたいな青白い光に見えます。写真マジックですね。

最後はSIG純正ガンケースに収納して記念撮影です。コチラのガンケースはマンケイブさんで購入しました。珍しいSIG純正ガンケースなので高額ですが、実物ガンケースによくあるボッタクリ価格ではありません。良心的なショップさんだと思います。

KSC SP2022ジャンダルムリでした!

WordPressブログでの初めての記事でしたが…書きやすい! Yahoo!ブログより圧倒的に書きやすいです! 最初から最後まで記事をダダ打ちしなければいけないYahoo!ブログに対して、WordPressブログは段落毎に「ブロック」が生成されるので、記事を書くのが圧倒的に楽です!

しかも「下書き保存」機能がゴミに等しいYahoo!ブログは長い記事を数日かけて書く状況には全く適していないどころかリスクしかありませんでした。その点、WordPressブログは「更新」「公開⇔下書き」「プレビュー」等の充実した機能が備わっているので安心して記事を書けます!

まだほんの一部分しか機能を使えていませんが、快適に記事を書けるWordPressブログは良いです! 引越し先をWordPressブログに決めて良かったです! 移行作業をバックアップして下さった『サイトの引越し屋さん』には感謝感激です! ありがとうございました!

次回から新しいカスタム記事が始まります。ちょっと驚きのカスタムです!

お楽しみに!