グリップカスタム

今回のテーマは「グリップカスタム」です。

皆様もお気に入りのグリップはお持ちでしょう。
グリップのカスタムはテッポー弄りの基本です。
素敵なグリップが市場に溢れてます。



しかし「欲しいグリップが入手できない」事もよくあります。
現在は個人レベルでのグリップ輸入はほぼ不可能なので如何ともしがたいです。

輸入グリップをスポット的に扱うショップか、仕入れルートは不明だがやたらと実銃グリップを出品するオクの出品者から購入できる事はありますが、このパターンは運任せの要素が強いです。
一期一会を逃すと次のチャンスはありません。

有名な人気グリップメーカーなら国内のショップが正規代理店になって販売しているパターンがあります。
これなら安心確実に好みのグリップを購入できます。

VZ Gripsは東京キャロルさんが正規代理店になってます。
キムアーレンズはBack-Up Tradingさんが正規販売店です。
高級1911グリップとして有名ですね。
グリップの取り扱いが多いのはアウセスオーバーシーズさんですが、このショップ?はメールしても返信が早くて半年後なので全くアテになりません。
顧客対応をなんとかして欲しいです。
あとSHOWCASEさんがWicked Gripsを取り扱ってます。
サバイバルゲームフィールド「AGITO」さんのweb通販部門です。

まだまだ他にもありますが、有名どころではこんな感じです。



コルト社の新製品 ”Colt Competition Pistol” です。
東京キャロルさんで全く同じグリップが購入できますので、マルイ1911の刻印加工&スライドセレーション再加工+カスタムパーツ数点で再現可能です。
厳密にはノバックに見えるリアサイトはコルト社オリジナルのフルアジャスタブルサイトなので、これだけはノバックサイトで妥協せざるを得ませんが。
Colt Competition Pistol動画

「よほど変わったグリップ」でない限り、1911なら大半の方のニーズに応えられる状況だと思います。
しかしそれ以外の銃となると選択肢がグッと狭まります。
事実上、アルタモントとホーグの二択状態です。

1911系以外のラインナップが多いのはキャロムショットさんです。
全て自社オリジナル製品ですが、選択肢が多いのは好ましいです。



VZ Gripsには1911以外にもベレッタやCZ、ルガー、ブローニングHP、それに加えて各種リボルバー用のグリップまで実に豊富なラインナップがあります。
VZ Gripsの ”カスタマーギャラリー”
東京キャロルさんには1911以外のグリップもぜひ取り扱いして欲しいです。

しかし「よほど変わったグリップ」がどうしても欲しい、またはどうしても再現したい場合にはグリップカスタムを行う必要があります。

ん? なに言ってんの?

と思われた方が多いと思います。
グリップが手に入らないからグリップのカスタムができないのに「グリップカスタムを行う必要がある」ってバカじゃないの?ですが、そうではありません。

「既存のグリップをカスタムして好みのグリップを製作する」

これが今回のテーマです。

今度は「気が狂ったのか?」と思われたかも知れません。
しかしグリップのカスタムは古くから行われてきました。

有名なのはモーゼルM1916の ”レッド9" グリップです。弾を混同しない様に9mm口径モデルのグリップに「9」の数字が彫られ赤色に着色されました。
戦場で必要に迫られて行われた加工ですが、既存のグリップをカスタムしているのに違いはありません。



ここまでやれば間違うヤツはいないって位のド派手さです。
赤色より蓄光グリーンの方が目立ちそうですが、この時代にそんな気の利いた塗料は存在しません。





モーゼルのオーナーさんなら当然?持ってそうな定番アイテムです。
実物グリップのトイガンへの取付は難易度が高い様ですが、資料的価値がありそうなので純粋にグリップコレクションとして入手するのも良いと思います。

競技射撃で用いる銃もグリップカスタムを行います。
近代五種競技のコンバインド(射撃+ランニング)で使用するAPS-3などの競技銃は、そもそも射手の手に合わせてグリップを加工する前提で販売されてます。
当たり前ですがこれも必要に迫られて行うカスタムです。



お名前は存じませんがピシッと決まった構えが精悍でカッコイイです。
片手打ちなのでグリップの良し悪しは死活問題です。
現在はレーザーガンが使用されている様ですね。



エアガンのシューティングマッチで使用するレースガンもグリップカスタムの定番です。アンリミテッドクラスで用いられるハイキャパ系のレースガンは射手の手に合わせてパテ盛りなどのカスタムが施されます。



エアガンのレースガンの写真が見当たらなかったので実銃のレースガンの写真を掲載しました。
Limcat Custom社の ”Phantera Open Pistol” .38スーパー口径です。
実銃はシュッとしてますが、エアガンのレースガンは機能最優先でグリップにポリパテを盛り付けて射手の手にジャストフィットさせるカスタムが定番です。

ここまでは「銃を特定の目的で使用する際に必要不可欠な加工」としてのグリップカスタムを紹介しました。
正直言ってトイガン趣味のテッポー好きにはあまり縁のない世界です。



ここからトイガンのグリップカスタムに入ります。
前置きが少々長過ぎました。寝てしまった方は申し訳ありません。

大手メーカーがグリップカスタムを行ったのは、多分WAのゲッタウェイモデルが初めてではないかと思います。
グリップ全面をペーパー掛けしてチェッカリングの摩耗を再現するだけでなく、握り込んで付いた指痕まで後加工で再現しています。



これは素晴らしい!と思いました。

ビンテージ加工とかウェザリング加工とかいっても、そういう加工が施されるのは本体だけで、グリップはピカピカの新品が取付されています。
私は常々「本体がそこまで使い込まれてくたびれてるなら、グリップも擦り減ったりキズが入ったりしてるだろ!?」と思ってました。くたびれた本体と新品グリップの組み合わせには違和感があるだろう、と。
なのでこのゲッタウェイモデルは「グリップのウェザリングに着眼した」という意味で素晴らしい商品だと思います。

ま、ウェザリング加工では「グリップは消耗品だからボロボロになったら新しいのに交換するよね」という身も蓋もない正論があるのですが…

ショップカスタムではBARNSさんのトカレフカスタム ”ストラーフ” もグリップがペーパー掛けされて擦り減った状態が再現されてます。



購入当時に撮った写真です。
グリップ全面がペーパー掛けされているのがお分かりでしょうか?
実際に握るとツルッとしていて「おっ!」と感心しました。



実はこの時、実物グリップも用意してましたが…正直トカレフに関してはKSC純正グリップも実物グリップも見た目は全く同じです。並べても区別がつきません。
しかも実物グリップはベークライト製でメチャメチャ硬いです。多大な労力を払って加工取付する意味がありません。
ペーパー掛けされた純正グリップの方が雰囲気あります!



この ”ストラーフ” はメッキ加工やブルーイングではなく塗装でここまでリアルな金属感を実現しています。
丈夫な塗装なので取り扱いに気を遣う必要はありません。気が向いたらいつでも取り出して弄れます。もちろん塗装による性能低下は一切ありません。
素晴らしい商品です。

今回行うのはウェザリング系のカスタムではなく、純粋に審美的なカスタムです。

以前TARGETカスタムの際に紹介したSydrian Gripsのセクシーグリップ。
これほどアメリカンテイストを感じさせるグリップは他にはありません。USMCやアメリカンイーグルなど足元にも及びません。
webサイト
コレは欲しい!と前々から思っていました。



セクシーグリップなら「ぐり子さんグリップ」があるじゃないか!?と思われるかも知れませんが、アチラは方向性が全く異なります。

私も以前1910用と1911用のぐり子さんグリップを持ってましたが、コレは正統派ジャパニーズオタクテイストの延長線上に位置する存在です。言い換えれば「日本の誇るアニメ文化を銃のグリップで再現したらこうなった」という商品ですね。



エロいけど下品じゃない。卑猥さが完全に消し去られたアニメチックで品のある健全なエロスです。細部まで緻密に造り込まれた半裸の女性からはむしろ健康的な若さと美しさを感じます。
ま、悪く言えばガキっぽい商品ですが。

加えてこれはハイレリーフ(高浮彫)と呼ばれる彫刻技法で、完全な立体彫刻と平面彫刻の中間的な彫刻になります。立体彫刻を平面に埋め込んだ様式とも言えます。
正直、彫刻部分が高過ぎて銃のグリップには不向きです。
実銃に使用して「乳首が服に引っかかってドローできず先に撃たれた」とか笑えない理由で客から訴えられるかも知れません。

Sydrian Gripsにもぐり子さんグリップほど高くないレリーフ(浮彫)を施したグリップがちゃんとラインナップされています。
webサイト



このくらいの凹凸なら銃のグリップとして許容範囲内です。テッポー社会の米国市場で販売される製品なので使い心地が悪いと売れません。
実用性を考慮してレリーフに留まってます。
写実的な美しい彫刻ですが、同時に艶めかしさや卑猥さも感じます。
端的に言ってエロいです。

話を戻します。

Sydrian Gripsのセクシーグリップは入手が難しいので、自分で製作するしかありません。似た様な白系のグリップにセクシーな絵柄を刻印加工してもらう作戦です。
これが今回のテーマの「グリップカスタム」です!
素のグリップを加工してSydrian Gripsのセクシーグリップを再現します!

…とは言ったものの、webで散々探してもスムース仕上げの白系グリップが見つかりません。メダリオン入りとかフェイクパール系は沢山ありますが、素の白系グリップは探しても出てきません。
すぐに見つかるだろうと安易に考えてましたが、そう甘くはない様です。

これはダメかも…と思いかけた時にオクで見つけました!
実銃用バッファローボーン(牛骨)グリップです。
写真はオクの出品画像です。



素の白系グリップであればバッファロー(水牛)でなくても松坂牛でも神戸牛でも、何なら讃岐オリーブ牛でも良かったのですが、とにかくこのグリップをオクでゲットしました。

次に肝心のエロい絵柄を探します。
私には絵心もなければフォトショップも持ってないのでwebショップで画像を購入するしかありません。
色々検討して、できるだけアメリカンテイストに近い画像を購入しました。1クリックで決済完了→ダウンロードです。世の中は物凄いスピードで便利になってます。
この画像です
有料画像なのでURLだけ紹介します。

グリップと絵柄が揃えば加工を行います。

今回お世話になったのは彫刻加工専門webショップ「エングレーブ」さんです。
事前に内容を説明して「加工可能」のお返事を頂いていました。マッドさんでもできなくはないですが、餅は餅屋です。今回の彫刻加工は彫刻加工専門店にお任せしました。

先に画像データを送信してからグリップを送ります。するとPDFの請求書が返信メールに添付されて送られてくるので、記載された請求額を入金します。
一点物注文の新規個人客なんてメンドクサイはずなのに、キチンとした請求書を発行して頂きました。
安心して商品を預けられるショップです。

入金から二日後にはもう加工完了メールが届きました。仕事が早いです!
で、帰ってきました!



ご覧の通り、グリップの左右に合わせて左右反転のテータを作製して頂きました。
「ふーん」と思われた方、実物は写真より10倍派手です!
見た瞬間に「うわぁ…やっちまった…」と思いました。



事前の打ち合わせでは「扱ったことがない素材ですのでレーザーの熱で溶けた感じになるかも知れません」と言われましたが、そんな事は一切ありません。
刻印部分は真っ黒ではなく、茶色がかったグレーです。
真っ黒だと安っぽいプリント刻印みたいになってたと思います。
これは嬉しい誤算でした。



この手のデータ作成で左右反転を依頼すると料金が倍になりますが、元々の金額が良心的なので倍になっても大した金額にはなりませんでした。
正直アメリカンテイストはあまり感じませんが、かといってアニメっぽい訳でもありません。
そういう特定の「色」がついてない絵柄です。

オクの説明では「マルイ商品にはポン付けです」とありましたが…ホントにポン付けでした。厳密にはちょっと押し込んで「パチン!」と入る感じですが、全くの無加工で取付できました。
おかげで歯医者の匂いを嗅きながら加工せずに済みました。



TARGETカスタムに装着してみました。
ドンピシャです! この銃のために製作したかの様なハマりっぷりです!
正義の味方は絶対持たない銃になりました。
個人的にはこの手の銃をトム・クルーズに使って欲しいですが…100%無理ですね。



撮影は午後でしたが雨なのでブルーが少ししか発色していません。
替わりにモノトーンが強調されてますが…ただのモノトーンではありません。実銃用バッファローボーングリップ改セクシーグリップが主役のモノトーンです。
銃の凄みや押しの強さがタダゴトではありません。
やっちまいました…



この写真がほぼ実物通りの色です。茶色がかったグレーがお分かりでしょうか?

レーザーとはいえ曲面に施工するのは難しいと思いますが、画像データの劣化は全く感じられません。非常に高いレベルの加工技術です。
また良いショップを発見してしまいました!



TARGETカスタムの押しの強さや荒々しさにグリップが負けてません。むしろ両者が融合して「成るべくして成った」感すら漂います。
この「毒の魅力」を味わってしまうと、お上品なフリーダムアートの騎士グリップにはもう戻れません。



目標を遥かに超える素晴らしい結果になりました!
しかもこの手の刻印カスタムにしては破格の安さで完成しました。
 
 グリップ代金  7,800円
 画像データ料  1,080円
 加工工賃    6,264円
 合計      15,144円

この金額で世界にただ一つのカスタムグリップができるなら安いものです。
やはり餅は餅屋、エングレーブはエングレーブ専門店です!

今回の「グリップカスタム」は初めての試みでしたが、予想以上の成果でした!
これは是非とも晴れた日にロケしなければいけません。
とはいえ来月から仕事が超忙しくなるので、ロケできる日があるのか不明ですが。

次回をお楽しみに!

(さらに…)

エル・ポトロ④

午後三時過ぎにトリガーが届きました。
東京のショップからだと到着まで二日かかります。
やっぱり四国は遠いですね。

AnvilのNighiHalkタイプトリガーです。



CNC加工を謳うだけあってとてもシャープな造形です。
エッジがキンギンに立ってます。
ツールマークの入った側面がキラキラ輝いて美しいです。



ストレートのグルーブが鋭く指に食い込みます。
ストローク調整用のネジが付いたタイプです。
サンコーでの販売価格は4,536円(税込)でした。一万円越えが当たり前のAnvil製品にしては安い価格です。



しかし要調整のパーツが多いのがAnvilの難点です。
このトリガーもすんなり取付できる保証はありません。
ナイトウォーリアのフレームで事前チェックします。



大き過ぎて入らないと加工が厄介ですが、拍子抜けする程スカスカでした。
ま、高額パーツブランドなので当たり前なのですが。
Anvilの全てのパーツがこうあって欲しいものです。

チェックが終わればいよいよエル・ポトロに装着します。

一年半ぶりにフレームを完全分解します。
塗装後に分解するのは初めてなので、ちょっとドキドキします。



トリガーの比較です。
ロングトリガーなので長さが違うのは当然ですが、それ以上に輝きが全く違います。
亜鉛合金の純正トリガーは酸化してくすみ切ってます。
輝き云々を語る状態ではありません。



トリガーを付け替えます。
ロールピンが固いのが難点ですが、ピンさえ抜けば楽勝です。



フレームに入れてみます。

塗膜が厚いので自重では抜け落ちません。
かといって塗膜を削らないと動かない程でもありません。
アタリがつけば徐々にスムーズになりそうなので、塗膜は削りません。



元通りに組み立てます。
マルイ1911は構造が簡単なのであっという間です。

こんな感じになりました。



トリガーだけがキラキラと輝いてます。
周囲の亜鉛合金パーツがくすみ切ってるのでチグハグ感が出てしまいました。
しかしこれはこれで悪くはありません。
何よりAnvilトリガーの質感と形状は最高です!



ロングリコイルSPガイド以外は実銃エル・ポトロと同じパーツ構成になりました。
ここまでやれば十分です。
まさか一年半後に進展があるとは思ってもいませんでした。

日が傾いてましたが、屋外に持ち出して撮影しました。



自然光の下だと全ての機能パーツがほぼ同じ様に輝いて見えます。
その中でトリガーがひときわ目を引きます。
買って正解! やっぱりエル・ポトロにはロングトリガーです!



右側は機能パーツが少ないので左側以上にトリガーが目立ちます。
これで完璧なエル・ポトロになりました!
ま、今回も写真マジックがこれでもかと効いてますが。



こういうアングルだとトリガーの存在感がグッと大きくなります。
ストローク調整用のネジ穴がカッコイイです。
夕日に照らされたフレームがなんとも良い雰囲気を醸し出してます。



光り物パーツ満載ですが、決して下品ではありません。
ガキっぽさは皆無です。
架空カスタムではないからでしょうか?
それにしても美しいブルーです。



こうして見ると、トリガーが全体の引き締め効果を発揮している様に思えます。
結果論ですが、キラキラ輝くロングトリガーは必須パーツでした。
とはいえ一般的な視点で見ればとてつもなく派手な銃に違いありませんが。



心残りだったロングトリガーを無事装着できました。

あと強いて言えばキラキラしたスライドストップとサムセフティ、マガジンキャッチ、バレルブッシングがあれば最高ですね。
シリーズ'70ニッケルフィニッシュのパーツを部品注文すれば全て入手可能です。
ただメッキパーツだと作動が渋くなる可能性があります。
純正パーツは安いので不具合で使えなくても惜しくありません。

完璧に質感の統一を図るなら全てAnvilで統一するのが一番ですが、そんな事をすれば財布が爆死してしまいます。

気長に少しずつパーツを揃えるのもテッポー弄りの楽しみです。
この銃に関してはそういう楽しみ方が合ってる気がします。

エル・ポトロ編はひとまず終了です!

(さらに…)

エル・ポトロ③

過去作品の記事なのに一週間も放置してしまいました。
出し惜しみとかそんなのではありません。
台風関係の作業と施設管理で連日徹夜が続いたので家に帰れませんでした。
スマホでブログ更新されてる方々はこんな事にはならないのでしょうが…

昨夜やっとまともに睡眠が取れました。布団の中はパラダイス銀河です。
妙な発言はこのくらいにして、記事を続けます。

刻印加工と塗装は一週間ほどで終わりました。
さすが専門店は仕事が早いです。連絡が早過ぎて心配になった程です。
そして見違える姿で帰ってきました!



見事にエル・ポトロになりました!
特殊な字体の刻印も完全再現されてます!
何よりポリッシュ仕上げの機能パーツが映えて美しいです!



グリップのアクの強さが絶妙なスパイスになってます!
シリアルナンバーは ”EPT058” です。苗字から取ったのがバレバレですね。
アドレス刻印も通常の1911とは微妙に異なります。

それでは最後の仕上げを行います。
最後のお楽しみに取っておいた加工です。

チャンバーカバーです。



エル・ポトロのチャンバーカバーはシルバー仕上げです。
しかし今回はM1911A1のチャンバーを使用したので黒色になってます。シルバーにしないとエル・ポトロを再現できません。
でも塗装ではM92Fクロームステンレスのメッキバレルと質感が合いません。

この加工にはステンレステープを使用します。
台所周りの防水や配管の補修などに用いられるアレです。

チャンバーカバーと同じ大きさにカットして貼り付けます。
コマンダー化の影響でロッキング部分が少し見えてるので、そこにも細く切ったテープを張り付けます。



これならバレル部分と質感が統一できます。
専門店の店長さんに教えてもらったお手軽カスタムです。
「簡単だから自分でやると工賃が浮くよ~」なノリでしたが、本当に簡単でした。

ただテープの厚みが0.1mm程あるので、事前に貼付面をペーパーで0.1mm削っておく必要があります。削らずに貼ると作動しませんので注意が必要です。

それでは見てみましょう。



完璧です。
チャンバーカバーの輝きが美しいです。
なによりもダークブルーの渋い輝きが最高です! ハイポリッシュされたロイヤルブルーには程遠いですが、重厚感のある素晴らしい色味です!



WAのエル・パトロンより美しく仕上がってると思います!
深海の様に深い青の色合いが堪りません!
バレルの2mm突出で派手さが増してる気がします。

勢い余ってこんなモノを買ってしまいました。
メキシコ連邦警察バッジです。



ID Propsさんで購入しました。
当たり前ですがレプリカです。
しかもバッジケースも同時購入したので高かったです。



こんなバッジを持ってる人達はフツーにグロックを支給されてるでしょうが…
潜入捜査官ならド派手なエル・ポトロを持ってても不思議ではないかと。
妄想が炸裂して財布が爆死しました。



本物のメキシコ連邦警察の写真です。
映画『ボーダーライン』は彼等の姿を忠実に再現しています。
ただハンドガンがグロック17&19とMK23位しか活躍しないのが残念ですが…

この記事を書くにあたり、専門店に店名公開OKを頂きました。
大阪のマッドポリスさんです。
タニオコバプロショップとして有名なお店です。
webサイト
このエル・ポトロはマッドさんのブログで紹介して頂きました!
店長が勘違いして私がコマンダー化した文章になってますが「前オーナーさんがコマンダー化したカスタム銃を私がオクで購入した」が事実です。

ちなみに前回の記事で紹介したエキストラクターリアル化は12,000円です。
素材はスチール(ブルーイング前提)とステンレスを選択できます。
私はポリッシュ仕上げの機能パーツに合わせてステンレスでお願いしました。

実は以前記事にしたG17改G34のロケの際に、エル・ポトロも一緒に撮影しました。
製作から一年以上経過してポリッシュした亜鉛合金のパーツがすっかり酸化してくすんでましたが、真夏の日差しがそれを感じさせません。



自然光の下だと塗装の深みがグッと増します。
僅かにパープルがかった美しいブルーです。



ブルーイングとは違うキラキラした輝きが実銃のハイポリッシュを彷彿させます。
ポリッシュ仕上げの機能パーツも強烈な日差しを受けて美しく輝いてます。



刻印がハッキリ見える写真です。
やはり1911にスペイン語の刻印は「謎の銃」臭さがプンプンします。
まー限定とはいえエル・パトロンを発売したWAも勇気ありましたね。
売れたかどうかは不明ですが。



ここまで期待通りの銃に仕上がるともう何も言う事はありません。
光の状況により様々な表情を見せる塗装はブルーイングを超えてるんじゃないか!? とさえ思います。
ジェリコの時もそうでしたが、プロのワザは本当に凄いです。

今回改めて探してみると、AnvilのNightHalkタイプトリガーを販売しているwebショップを見つけたので速攻で購入しました。
サンコーさんです
近日中に届く予定です。

トリガーが届けば完璧なエル・ポトロが完成します。
Anvilなので要加工かも知れませんが…

とはいえ、こういうカスタムはあまり「完璧」に拘らない方が良いとは思います。
例えばロングリコイルSPガイドは前オーナーさんが作動の安定性を求めて装着した可能性が高いです。
シリーズ'80はフツーのプラグですので、”エル・シリーズ” だけロングリコイルSPガイドを標準装備したとは思えません。



しかしこのエル・ポトロの場合は派手なシルバーのロングリコイルSPガイドが抜群に似合ってます。
実銃の忠実な再現に徹底的に拘る方が良い結果が得られる場合もあれば、適度なアレンジを加えた方が完成度が高まる場合もあるという事です。

しかしトリガーは文字通り銃の中心に位置するパーツなので嫌でも目に入ります。
シルバーのロングトリガーは必須です。
一年以上経ってやっと入手できそうです。

次回に続きます。

(さらに…)

エル・ポトロ②

それでは加工に入ります。
この銃は作業途中の写真を沢山撮ってました。
やっぱり銃によって気合いの入れ方が違いますね。

前オーナーさんが塗装しているので、完全分解してIPAにドブ漬けします。



固い塗膜ではなかったので、漬け込み時間は30分で十分でした。
歯ブラシで気持ち良く塗膜が剥がれていきます。

ここで問題発生!

アウターバレルはシリーズ'70を加工したものだと思ってましたが、バレルの黒色が剥がれて銀色のメッキ面が現れました。
シリーズ'70ニッケルフィニッシュのアウターバレルを短縮加工してバレルを黒色に塗装したモノでした!



シリーズ'70のアウターバレルは2ピースなので、ライフリングを残すためにバレルの根元側を短縮してチャンバーと結合しています。
しかも微妙に寸法が合わなかったのか、先端がバッサリ切られてます。

これではクラウンを再成型してシルバーで塗装してもメッキと質感が合いません。
修復不可能です。



仕方ないのでアウターバレルを新調しますが…転んでもタダでは起きません。
これを機にバレルをリアル化します。

M1911A1とM92Fミリタリークロームステンレスのアウターバレルを部品注文します。実は両者のバレルは外径が同じです。

M1911A1のチャンバーとM92Fのバレルを合体させます。
ズレると作動しなくなるので慎重に作業します。
乾燥したら余分なプラリペアを削り落として仕上げます。



これで9mm=.38スーパー口径のアウターバレルの出来上がりです。
外径は同じなので作動に問題はありません。
インナーバレルはもちろんツイストバレルです。



続いてスライドとフレームの刻印消去と平面出しを行います。
スライドはこんな感じです。



前オーナーさんがスライドストップノッチ位置を変更した痕が浮き出てきました。
みんな大好きなプラリペアです。

実銃のエル・ポトロは全身ロイヤルブルーでしたがさすがにそれは無理なので、機能パーツをシルバーのポリッシュ仕上げにして派手さをUPします。
これなら私にも可能です。
技量に応じて、時にはこういうアレンジも必要です。

これだけのパーツをポリッシュしました。



ハンマーとグリップセフティ以外は純正部品をポリッシュしました。

ハンマーはKM企画のリングハンマー「ブラック」です。
サイドポリッシュ狙いであえてブラックを購入しましたが…サイドポリッシュだと他のポリッシュパーツと全く合わなかったので、結局全体をポリッシュしました。
最初からシルバーを買えば良かったです。

グリップセフティはAnvilのダックテイルグリップセフティです。
この商品は加工しないと取付できません。私の個体だけかと思いきや、色々な人達がブログやレビューで「要加工」と書いてらっしゃるので、これは仕様です。

赤丸の部分を削るかフレームのブリッジ部分を切断するかしないと取付不可能です。
私はセフティ側を削りました。



削り終えたら仮組みします。
問題なさそうです。



ハイキャパ4.3用のロングリコイルSPガイドもポリッシュしましたが…凸凹が酷くていくら磨いても綺麗になりません。



結局これもKM企画のステンレスロングリコイルSPガイドに交換しました。
社外パーツは高いので純正パーツをポリッシュする作戦でしたが、思惑通りにはいかないものです。

更に専門店に依頼してエキストラクターをステンレスで作製してもらいました。
これはオススメ! リアル化に効果絶大です!



グリップはWEの怪しげなプラスチックグリップをチョイスしました。
本来はフルメタルエングレーブモデルに標準装備されるグリップですが、単品販売もされてます。
不定期にamazonで売られています。
実銃のグリップに雰囲気が似ていたので購入しました。



マルイ1911に取り付けるには、取付穴を広げる加工が必要です。
位置自体は合ってるので、リューターで取付穴を広げればOKです。

ここで一度組み立ててみます。



なかなか良い感じです。
ダストカバー部分のオリジナルカットはそのままでもOKです。



実銃はロングトリガーですが、マルイ1911用のプレーンなロングトリガーはAnvilのNightHalkタイプだけしかありません。しかもどのwebショップも売り切れ入荷待ちで結局買えませんでした。
ここだけは心残りですが仕方ありません。シリーズ'70のトリガーを使用します。



アウターバレルが2mm突出しましたが、気にならないので修正しません。
私はちょっとバレルが突き出してる方が好きです。
「M92Fは好きだがバーテックは嫌い」と言えば伝わるでしょうか?

スライドを更に加工します。
エル・ポトロはシリーズ'80がベースなので背の高いF/Rサイトが装着されてます。
フロントはナイトウォーリア用で代用できますが、リアはWAのシリーズ'80用を部品注文で購入しました。

WAのシリーズ'80用リアサイトは実物の形状を忠実に再現して非常にリアルですが、そのおかげでドットと溝の位置が高いです。
エアガンで標的を狙うには前後の高さを同じにしないとまともに使えません。
少なくとも私は同じ高さが好みです。

溝を掘り下げます。
それだけだと見た目のバランスが悪くなるので高さも低くします。



ナイトウォーリアのフロントサイトはドブテイル式なので、スライドをドブテイル加工して合わせてみました。
水平に削るのに結構苦労しました。



しかし実銃が直付け方式なのでどうしても違和感が拭えません。
結局ドブテイルはプラリペアで埋めて直付け方式にします。

まずフロントサイト両側の土台部分をカットします。
黒染め前提なので同時にポリッシュも行います。これはリアサイトも同様です。



この状態でプラリペアを流し込んでドブテイルを埋めます。
位置がズレると終わりなので慎重に作業します。



固まるとこんな感じで「取付穴」が整形されます。
ま、最初から直付け方式で加工すれば最小限の加工範囲で済んだのですが。



リアサイトはマルイとWAでは取付方法が全く違います。
寸法もWAのリアサイトの方が前後幅が薄いです。

取付穴の前後幅をプラリペアで狭くします。
同時に裏側からリアサイトの両脚が乗る土台を作製します。プラリペアが固まればブリーチをはめ込んで干渉部分を削ります。
最終的にブリーチが干渉しないギリギリまで削って仕上げます。
この土台にリアサイトを乗せて接着固定します。



リアサイトを乗せるとこんな感じです。
なかなか良い感じです。



後ろから見るとこんな感じです。
取付穴を狭く加工したのが効いてます。



確認が終われば黒染めします。
ホワイトドットも綺麗に入りました。
リアサイトの中央部分がブリーチに干渉していたので削りました。そのためアーチ形状になってます。



そして最後はエジェクションポートです。
エル・ポトロはエジェクションポートが下側に広げられたシリーズ'80形状なので、同じ形状に加工します。



深さのバランスをチェックします。
我ながら上手くいきました。



全体を組み立てます。
緊張の瞬間です。



このあと加工に出すのでF/Rサイトは取り付けてません。
雰囲気は悪くありません。
機能パーツは亜鉛合金のポリッシュなので、他の ”エル・シリーズ” モデルのギラギラなパーツ類の輝きはありません。
アレを再現するにはメッキ加工しないと無理です。
メッキ専門業者に頼めば実現できるでしょうが…そこまでは望みません。



これが刻印加工と塗装でどう変身するか楽しみです。
この状態でF/Rサイトを同封して専門店に送ります。

次回に続きます。

(さらに…)

エル・ポトロ①

今回も過去作品です。
前回のMGC MKⅣ オフィサーズACPより更に以前にカスタムした銃です。
忘れないうちに記録に残しておく意味も兼ねて記事にします。

まずタイトルを見て「?」と思われた方が大半だと思います。
全てはオクで一丁の素敵な個人カスタム銃を見つけた所から始まりました…

コレです。
マルイM1911A1をコマンダーに改造した個人カスタム銃です。
お手頃価格で出品されてました。
以下の三枚は当時のオクの出品写真です。



とても美しく格好良いカスタム銃です。
コマンダー独特のスタイルが完璧に再現されてます。



出品画像を見る限り、以下のパーツが変更されています。
 ・ スライドとフレームはM1911A1
 ・ トリガーとハンマー、アウターバレルはシリーズ'70純正品
 ・ サムセフティはメーカー不明の社外品
 ・ リコイルSPガイドはハイキャパ4.3純正ロングリコイルSPガイド



更にスライド短縮に加えて以下の加工が行われているとの事。
 ・ スライドストップノッチの位置変更
 ・ ダストカバー部分はフライス盤でオリジナル形状に加工
 ・ オリジナルカラーで塗装

コマンダー化に合わせてスライドストップノッチ位置を変更するのは苦労します。
なのでスライドを短縮してもノッチ位置変更=スライドストローク短縮までキッチリ行う人は少ないです。
定番ですが手間のかかるカスタムです。

そんなカスタム銃を逃す術はありません。
執念でゲットしました。

手元に届いたその日に早速カスタムです。
とりあえず手元にあったキャロムのフェイクパールグリップを付けてみました。



コレはコレで悪くはないですが、何というか…



普通過ぎる…
なんかこう、誰もやってないカスタムをしてみたい…

そんな事を考えながらwebでコマンダーについて色々調べてると、とあるサイトで衝撃の記事に出会いました!



その名も ”エル・コマンダンテ”!
コルトマークの入ったコルト社純正モデルなのに名前がスペイン語。
しかも口径は.38スーパーです。
意味が分かりません。

このサイトに掲載されてました。
テッポーwebでは有名な方なので、この記事をご覧になった方も多いと思います。

サイトの趣旨は「コマンダー誕生の歴史」なのですが、後半でこの ”エル・シリーズ” について貴重な情報を提供されています。
私も散々調べましたが、日本のwebサイトでこの ”エル・シリーズ” に関する記事を書いているのはこの方だけでした。

曰く…
 ・ ベースはシリーズ'80
 ・ 口径は全てメキシコで合法かつ人気のある.38スーパー
 ・ 基本的にステンレスハイポリッシュとロイヤルブルーの二種類
 ・ フルサイズからコマンダー、オフィサーズまで無数のモデルが存在
 ・ 米国市場で各モデル350丁の限定品として販売

要は80年代にコルト社の販売戦略の一環で製造販売された商品群です。
メキシコ市場とは一切関係ありません。

まー珍品もいいとこですがコレクターズアイテムとして人気があるようで、オリジナルモデルはプレ値で取引されてます。
当然レプリカやコピー品も数多く出回ってます。

こちらのサイトで各モデルが写真付きで紹介されてます。

紹介されてるモデルを見てみましょう。

★ El Grito
1810年9月16日のメキシコ独立記念モデルとして300丁限定で販売された豪華カスタムモデルです。
このモデルの販売が一連の ”エル・シリーズ” 販売のきっかけになった可能性はありますが、真相は不明です。



★ El Caballo dorado
フルサイズ。金のエングレーブが美しい豪華モデルです。



★ La Mexicana
フルサイズ。”La” は女性名詞に付ける定冠詞で男性名詞に付ける ”El” と意味は同じです。語尾が ”…a" の名詞は女性名詞です(例外はありますが)。
スライドのエングレーブがカッコイイです。



★ El Matador
フルサイズ。エングレーブ入りホワイトパールグリップと金色パーツ類がとにかくド派手です。



★ El Dorado
フルサイズ。名前の割に地味なモデルですが、何気にエッグホールハンマーとフルアジャスタブルサイト、カスタムトリガーでヤル気満々です。
セレーションも斜めに切られてます。



★ El Oficial
フルサイズ。むしろこっちが ”El Dorado” じゃないかと思うド派手なモデルです。



★ El Jefe Supremo
フルサイズ。米国では「メキシコ=パールグリップ」なイメージなのでしょうか?



★ El Aguila
フルサイズ。美しいブルー仕上げに金文字仕上げ。コルトマークも金色です。



★ El Tigre
フルサイズ。ハイポリッシュとホワイトパールグリップで統一されてます。
エッグホールハンマーのモデルは斜めセレーションが標準の様です。



★ El Toro
フルサイズ。パールグリップにエングレーブが入ると派手さ倍増です。



★ El Caballero
フルサイズ。ツートーンモデルです。
米国ではこのタイプのツートーンは 「リバースツートーン」と呼ばれます。



★ El Centauro
フルサイズ。ブラックパールに金色グリップスクリューの組み合わせです。



★ El Presidente
フルサイズ。こちらはホワイトパールグリップです。フルサイズですがリングハンマーが装着されてます。



★ El Patron
フルサイズ。こちらもリングハンマー仕様。理由は不明です。
後述しますが、WAが限定販売したモデルです。



★ El General
フルサイズ。派手なモデルばかり見てると地味に見えますが、十分派手です。



★ El Teniente
フルサイズ。ロイヤルブルーとホワイトパールグリップの定番仕様…と思わせておいて、エッグホールハンマーとフルアジャスタブルサイト、カスタムトリガー装備の戦闘的なモデルです。
セレーションも斜めです。



★ La Pantera
フルサイズ。マット仕上げに加えてパーツ類は真っ黒です。ド派手モデル以外にこんな質実剛健なモデルも存在していた様です。



★ El Sargento
フルサイズ。ロイヤルブルーと金色パーツがド派手なツートーンモデルです。



★ El Soldado
エンジンターン加工されたパーツ類がギラギラ光ってド派手です。
このセンスは日本人にはありません。



★ El Anillo del Fantasma
フルサイズ。ノバックサイトにチェッカーグリップ、漆黒のパーツ類と、場違いもいいとこなタクティカル仕様です。
メキシコ人が全員派手好きとは限らないので、こういう需要もあったのでしょう。



★ El Campeon
フルサイズ。やっぱりロイヤルブルーは美しいです。



★ El Cabo
フルサイズ。これまたエンジンターン加工のパーツ類が装備されたモデルです。



★ El Potro
コマンダー。ため息が出そうな美しいロイヤルブルーです。
後述しますが、この銃を今回のカスタムに選びました。



★ El Capitan
オフィサーズスライド+フルサイズフレーム。いわゆる ”コルト・ジェネラル・オフィサーズ” の組み合わせです。オフィサーズの一種なのでリングハンマーです。
コルトジェネラルオフィサーズについてはこちら。
同じ方のwebサイトです。




なにもwebサイトで紹介されている全ての銃を掲載しなくてもいいじゃないか!? と書いてる私も思いましたが、せっかくなので全部紹介しました。

しかし二つのwebサイトで ”エル・シリーズ” のコマンダーは二種類、オフィサーズは一種類しか確認できませんでした。
まだまだ未知のモデルが存在する様です。

”エル・コマンダンテ” の動画を見つけました。


動画で確認できますが、”エル・コマンダンテ” のスライド右側には ”COLT MKⅣ -SERIES 80-” の二行刻印が入ってます。

これが ”エル・シリーズ” 共通の仕様かと言えばそうではなく、もうひとつ確認されたコマンダーモデルの ”エル・ポトロ” にはこの刻印はありません。

別のwebサイトで紹介されている ”エル・ポトロ” です。



腰が砕けそうなほど美しいロイヤルブルーです。
メキシカンなグリップが装着されてますが、コレは後から交換されたモノでしょう。



スライド右側の刻印はなんと ”COMBAT COMMANDER MODEL” です!
ベースモデルはコンバットコマンダーが用いられた様です。



美しいスライドに美しい字体の刻印。
もちろん打刻です。
ちなみに ”エル・ポトロ” は「小鳥」の意味です。



”EPT001” は多分シリアルナンバーでしょう。
この個体はシリアルナンバー1番です。
美しいにもほどがあります。

決まりました。

この ”エル・ポトロ” を製作します!
ここまで美しく仕上げる自信は全くありませんが、魅力タップリなこの銃が再現できたら素晴らしいです!
何よりこんな銃、誰も持っていないでしょう!
変わりモノ好きの私のハートを串刺しです!!

実はこの ”エル・シリーズ”、過去に一度だけ商品化されています。
WAが2014年春スペシャルとして ”エル・パトロン” を30丁限定で販売しました。
商品紹介ブログ



中古販売webショップから拝借した画像です。
実銃の美しさはどこへやら、単なる刻印バリエーションでしかありません。
WAクオリティで ”エル・シリーズ” の再現は無理なのでは…

とりあえずこの ”エル・パトロン” より美しく仕上げたいと思います。
後出しジャンケンで負けてはいけません。

次回に続きます。

(さらに…)