マルイG17改G34

土日あたりからカクッと温度が下がりました。
もう35度超えの猛暑日もなければ、25度越えの熱帯夜もありません。
「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったものです。
暦って凄いですね。

今回はガンケース編でチョコッと出てきた、マルイG17改G34を紹介します。



この銃を造った(造ってもらった)のは5年前の初冬です。
当時はまだ三十代でイケイケだったので、大量に購入したパーツを地元ショップに持ち込んで「このパーツ+店長の超絶テクで初速90m/s超えのグロックを造って!」と、無理難題にもほどがあるカスタム依頼をしました。

店長は地元の老舗ショップの二代目で、メタルカスタム銃をまるでABSの様に軽々と作動させるチューニングの達人でした。
それでもマルイG17で初速90m/s超えは至難のワザなので、さらにパーツを買い足して、+@でバルブ関係に秘伝の加工を施すことになりました。
そこまで繊細なチューニングは私には不可能です。

「ハイキャパ用のインナーバレルが装着できる」ということで、DETONATOR製G34スライドキットを投入しました。
その肝心のインナーバレルですが、店長オススメのTNバレルを断り、私の好みでツイストバレルを入れました。
「ツイストバレルじゃ初速90m/sは難しいよ」と言われましたが、そこは断固譲りませんでした。今なら「先っぽだけ黒染めするからバレルは何でもいいよ」とサクッと言えるのですが。若いっていいですね。



そんな経緯で完成したのが冒頭の写真のG34です。

残った純正部品は各種ネジ類、ピン類、バネ類、インナーシャシー、マガジンのガワだけという、「マルイがないよ」な凄まじいカスタム銃です。
写真では判別不能ですが、スライドはDETONATOR製スライドキットです。エキストラクターが可動しないVer.1ですからなおさら判りませんね。

そんなG17改G34でたった一度だけ、初冬にも関わらず初速90.10m/sを記録したのですからもう狂喜乱舞です! 店長も大喜びです!!

このG34でショップ主催のシューティングマッチ(インドア)に参加してました。
そこそこ成績良かったです。
ただツイストバレルはホップ調整がものすごくシビアなので、ちょっとでもスイートスポットから外れると距離7mのターゲットさえ真ん中に当たりません。着弾が右上に散ってしまいます。

そういう競技をすると「BB弾選び」の重要性を実感します。
その時からG&G製0.28gバイオ弾一択です。
いわゆる「重量弾」ですが、クオリティは最高です。店長もお気に入りの弾でした。


ショップのサバゲチームにも誘われてましたが、私はフツーのサラリーマンなので土日勤務の平日シフト休です。サバゲは日曜なので参加できません。
「人事異動で土日休みの部署に変わったら参加するよ」と言ってましたが…なんとショップがまさかの閉店。
地方の個人経営かつ極めて客層が限られた商品を扱う商売なので、薄利多売なwebショップの台頭には敵いません。惜しまれつつ4年前の8月に閉店しました。

その後もチョコチョコと新発売されたパーツを組み込んだりして弄ってました。
そしてマルイからG34が発売されたので、スライドとアウターバレルを部品注文で取り寄せて完全合法化しました。



ブログを始めた時からいつかは記事にしようと思っていました。
先週初めの天気予報で「真夏の猛暑は今週いっぱいの模様です」と言ってたので、先週後半に汗でずぶ濡れになりながらロケしました。

今回はとにもかくにも、初速計測を楽しみにしてました。
結果は…

  一回目 79.61m/s
  二回目 78.78m/s
  三回目 76.37m/s
  四回目 79.55m/s
  五回目 80.02m/s
 平均初速 78.86m/s

年月は残酷なもので、当時の勢いはどこへやら、フツーの箱出し新品の銃と変わらない数値まで初速が落ちてました。
ゴム類は劣化するしスプリング類もヘタるので仕方ありませんが、これじゃマック堺さんの動画で見たマルイデザートイーグルにも負けてます! ショック!!


今の私は当時ほどのパワー厨ではありませんが、お金と時間をかけて(店長が)苦労して初速90m/s超えを達成した自慢の銃だっただけにショックが大きいです。

今回のロケでは標的射撃も行いました。
標的はモンスターエナジーの白缶(ウルトラ)です。お手頃価格の「音の出る目立つ的」をコンビニで調達しました。
モンスターエナジーに恨みがある訳ではありません。
中身はおいしく頂きました。



今回はこの細い缶を20mと10mの距離から狙います。

20mはこんな感じです。
赤丸で囲っているのがモンスターエナジー缶です。
「ゴルゴ13ならBB弾一個でいいよね?」な心境です。微風ですが風もありますし。



そして10mです。
20mより当たりそうな気はしますが、屋外はインドアより遠く感じますね。



すっかり前置きが長くなってしまいました。
それでは動画をご覧ください。


標的射撃の結果はこうなりました。

  20m 25発中 2発ヒット
  10m 23発中 7発ヒット

実はこのロケ、一時間くらいかかって撮影してます。
「撮って→確認して→また撮って→また確認して…」の繰り返しです。
最後の方は暑さでクラクラして弾込めがいい加減になってた様で、20mと10mで撃った弾数が違ってます。

缶の1m手前にカメラを設置した別アングルバージョンも撮影しましたが、意外と面白くなかったのですべてボツにしました。
こんなロケを35度の猛暑の中でやってたら、そりゃあ汗でずぶ濡れにもなります。



でも屋外で気合い入れてエアガン撃ちまくると最高に楽しいです!!
サバゲにハマる方々の気持ちがよく分かります!

貴重な残暑の日々に色んな銃で標的射撃したいです!
とりあえず最高気温30度は欲しいですね。
ジェリコで20m撃ちたいです!

今回は珍しくチューニングカスタムの記事でした。
次回をお楽しみに!

(さらに…)

マルイM1911A1 プロテックカスタム

気がつけば、いつの間にか訪問者数500を超えてました!

祝! 500訪問!!

こんなエアガン世界の片隅で超マニアックな事やってるブログに500名(重複カウント大歓迎!)もの方々にお越し頂けるとは思ってもいませんでした。感謝!感謝です!



今年の夏は海と銃とブログで大忙しでした。
次は「祝! 1,000訪問!」を目指します!!

今回はマルイM1911A1プロテックカスタムです。

とはいえ、今はもう手元にありません。
昨年秋の補正予算編成時に歳入予算に繰入処理しました。
意味わかんないですね。

「金欠になったから売っちゃった」

ちょっと国会中継っぽく言ってみました。
カッコ良くない? 全然? 分かりました。失礼しました。

お気に入りの銃だったので、手放したのが今でも悔やまれます。
「売らなきゃ良かった」と今でも本気で後悔してます。
時々オクで出品されますが、それなりに高騰するのでなかなか手が出ません。

そんなマルイM1911A1プロテックカスタムをご紹介します。





カッコ良い…

他のカスタム銃とは醸し出す「凄み」が違います。写真でも相当ヤバイですが、実物はもう「本物ですよね?」なドス効きまくりオーラを発します。

私の手元に来た段階でリコイルスプリングとハンマースプリングがプロテック製に換装されてました。
その状態でもバキンバキン作動してましたが、ギガバルブとロケットバルブを投入して作動性能UP。そしてツイストバレルを組み込みました。

さらにコルト実銃ガンケースを入手して、小物類も揃えました!



コルト純正ガンロックキー、エラン製マガジン&ダミーカート&ブッシングレンチ、汎用.45用クリーニングロッド、取扱説明書(シリーズ'70用ですが)…
バッチリ完璧! でしたが、補正予算編成のため…



透き通るようなブルー! これぞ1911です!!



さてここで! 1911の外装でひときわ異彩を放ってるシカ角グリップですが、これは2014年に逸品屋さんに頼んでタイから輸入してもらったものです。





こんな感じで送られてきました。
 ・ グリップ一式
 ・ ハイテンションな「買ってくれてありがとう! またよろしく!」お手紙
 ・ タイ風味たっぷりなミニミニポーチ

の三点セットです。
海外でエボラ出血熱が流行してましたので「エボラ菌が付いてるとアレなのでオキシドールしますね」などとメールで冗談言ってました。懐かしいです。

ミニミニポーチは結構役に立ちます。
私は遠出するときに薬入れるのに使ってます。



さりげなくタイを主張しています。
ローカル感が最高です。



実はこのとき、タイからの輸入がストップされた場合を考えて、アメリカからフェイクグリップの輸入も同時進行していました。
結局は両方とも無事通関しましたので、二種類の実銃用グリップが同時に手に入りました。

こちらが天然シカ角グリップ



で、こちらがフェイクグリップです。
販売webサイト



結構良く出来てます。
取付穴をリューターで加工しても歯医者の匂いがしないのが良いです。

しかし昨年頃から実銃部品の輸入が格段に難しくなったので、2017年現在ではグリップの個人輸入や輸入代行はほぼ不可能だと思います。
このグリップ輸入辺りが最後のすべり込みセーフだったのかも知れません。

さて、天然シカ角グリップはebayで見つけたモノですが、商品ページ自体は今も残ってます。
商品webサイト

ここで注目なのが商品名の ”ANTLER GRIPS” です。天然シカ角グリップなのに「ホーングリップ」じゃなくて「アントラーグリップ」なのです。

ここからちょっと豆知識です。

「角」を持つ哺乳類は、次の二種類に大別されます(イッカクなどの海洋生物はここでは論じません)。
 ・ 偶蹄目 シカ、ウシ、キリン
 ・ 奇蹄目 サイ

これらの角がすべて「ホーン」と呼ばれれば話は簡単なのですが、生物学的な分類で呼び名が異なります。
 ・ 毎年生え変わる角(シカ科)    アントラー  シカ
 ・ 一生伸び続ける角(ウシ科)    ホーン    ウシ、サイ
     〃     (キリン科) オッシコーン キリン

つまりシカの角は「ホーン」ではなく「アントラー」が正解なのです。
ちなみに「スタッグ」は「雄鹿」を意味します。
ヘラジカなどの立派に枝分かれした角は「アントラー」です。



「サンバー」も良く使われますが、これは東南アジア一帯に生息する鹿で「水鹿(すいろく)」と呼ばれます。



日本では天然角のグリップを「ホーングリップ」と呼ぶ事が多いですが、シカ角の場合は「アントラーグリップ」が正しい呼び方になります。
私が購入したebayサイトでも正しく ”ANTLER GRIPS” となっていました。

天然角でもウシ角の場合は「ホーン」です。「バッファローホーングリップ」は高額かつ少数ですが流通してます。



キリンとサイは省略します。

長々と書いてきましたが、要するに日本ではシカ角グリップは「ホーングリップ」「サンバーホーングリップ」などと呼ばれていますが、英語圏ではキッチリ使い分けされている、という事です。

”Antler grips” や ”Buffalo horn grips” は英語的にOKですが、”Elk horn grips” はダメとなります。アメリカでは ”Stag grips” という表記が一番多い様です。
販売wenサイト

プロテック1911は手放しましたが、逸品屋さんとの思い出の品のシカ角グリップは手元に残しました。取付穴を加工してあるので今やマルイ1911専用グリップです。

素敵なグリップはそれだけでコレクションの対象になりますが、私は「銃に取り付けてナンボ」派ですので、早くお似合いの1911が欲しいです。
こんな1911をワンオフ作成してもらえたら最高ですが、財布が爆死してしまいます。



外装式エキストラクターから推測して、SW1911ですね!
マルイ1911を小加工で再現できそうです。でもエングレーブと塗装で一体いくらかかるのやら…

もし実現すれば報告します!

(さらに…)

M16A1ベトナムウォリアー③

昨日までの涼しさから一転、また真夏の暑さが戻ってきました。
夏が大好きな私には嬉しい限りです。

こんな日はガスブロM16だろうと、ベトナムウォリアーのマガジンにガスを注入すると、放出バルブ付近から「プシュシュ…」と僅かなガス漏れ発生…

買ってからまだ三回くらいしか撃ってないのにコレかよ…と思いつつ、分解方法を探るためリアル過ぎるマガジンを観察します。

まずは側面です。



続いて正面。



背面です。



底面です。
刻印は”COLT AR-15” です。
注入バルブがなければエアガンのマガジンには見えません。



上面です。
エアガンだと分かるのはココだけです。



実物マガジンを改造したんじゃないか!?な超絶リアルマガジンです。
ガスルートパッキンの手前にある真鍮パーツが放出バルブを押す構造です。



赤丸で囲んだプレートをバルブノッカーが叩き、プレートが真鍮パーツを押すことで放出バルブが押されてガスが放出されます。
外観のリアルさを保つためとはいえ、とんでもなく手間がかかってます。
この一点だけはマルイMWSもKSCもWAも敵いません。

マガジン上部にピンを三本見つけたので抜いてみます。



これで内部ユニットがスルリと抜け出る…と思いきや、途中までしか出てきません。
当たり前ですが完全分解の方法は存在するはずです。しかしモノが古すぎてwebで調べても情報が見つかりません。

とりあえずこの状態でメンテナンスしてみます。



プレートはヒンジ部分のピンを抜けば簡単に取れます。
バルブを押す真鍮パーツはただ入れ込まれてるだけなので、何もしなくてもポロッと出てきます。



これでようやく放出バルブにアプローチできます。
Eリングが使われるあたりに時代を感じます。



特殊サイズだと嫌だな…と思いながらバルブレンチを突っ込んでみると、直径がピッタリキツキツです。ピッタリ過ぎて遊びが一切ありません。

シリコンオイルを吹き付けて、放出バルブを取り出します…のはずが、数回転した所で「カチッ」と止まってしまいます。それ以上は一切回せません。



完全分解しないと放出バルブすら取り出せません。メンテナンス性は最悪です。
とりあえず緩めた状態でシリコンオイルをたっぷり吹き付けて、再び締め込みます。

これ以上何もできないので、ガスを注入してみます。

「プスプス…」

漏れの程度が少なくなりました、しかし完全には止まりません。
パッキンの直径と太さが分かればメンテナンスは可能です。
運が良ければ他機種の放出バルブを流用できるかも知れません。

時間があるときに完全分解の方法を探ってみます。
壊れても構わないドナーをオクで入手できれば最高です。
心置きなくバラバラにします。



このマガジンは弾込めが大変です。
実物マガジンに実弾(ダミーカート)を装填する要領で、一番上のBB弾を下に押し下げながら前方から次のBB弾を挿入します。
徐々にスプリングがキツくなってくるとこまで実物と同じです。
しかも少しでも気を抜くと、苦労して装填したBB弾が全て空中にブチまかれてしまいます。

他社のガスブロM4用のBBローダーを使えば簡単に装填できるのかも知れませんが、ライフル系に疎い私はそんなもの持ち合わせていません。

やっとの思いで装填したマガジンを本体に差すと「ブシュ!」…
一瞬でガスが抜けてしまいました。



赤丸で囲っているのがバルブノッカーです。
直前の使用状況によっては、このように突き出したままになります。
この状態でマガジンを挿入すると、ガスが一瞬で放出されてしまいます。



チャージングハンドルを引いても引っ込まないので、指で押し込んで引っ込ませます。ホントはちゃんと方法があるのでしょうが、情報が皆無です。
この状態でマガジンを挿入します。

いちいちイラつく反面、少しずつ謎を解明する楽しさもあります。
古いモデルでしか味わえない楽しさですね。

動作は快調そのものです。
フルオートでは「カカカカカッ!」とカン高い音を立てながら、結構速いサイクルで全弾撃ち尽くします。



ボルトストロークはこの程度かつ軽量なABSフレームなので、最新のメタルフレームガスブロM4の「ボルト後退の衝撃を肩に感じながら…」とは全く違う撃ち味です。銃全体が「カカカカカッ!」と振動しながらBB弾を弾き飛ばしてる感覚です。

結構楽しい銃です。
現状は「いちいちイラつくメンドクサイ銃」ですが、なぜか放っておけない感があります。
メンテナンス方法を解明すれば、愛着を持って長く遊べそうです。
外装リアル化とか挑戦してみたいですし。

何か進展があれば続報します。

(さらに…)

Kimber SWAT CUSTOM Ⅱ

世間はお盆です。

私はフツーのサラリーマンなので、お盆など関係ありません。
今日休みなのは、たまたまシフトでそうなっただけです。

今日は薄曇りですが、気温が高いので作業着がバッチリ乾きそうです。
夏は汗でズブ濡れになるので、替えが何着あっても足りません。

さて今回は Kimber SWAT CUSTOMⅡです。
言わずと知れたLAPD専用モデルですが、何とオールシルバーモデルを入手しました!





ネタがなくなった訳ではありません。まだ紹介していない銃は沢山あります。
むしろ書く時間の方がありません。
ブログ始めて分かりましたが、定期的に文章を書き続けるのって結構な時間とエナルギーが必要ですね…

今回はお盆ということで特別(手抜き)バージョンです。

鉄砲好きの方ならこの手のアクセサリーをお持ちの方も多いと思います。
その中で群を抜いてクオリティが高いのが、今回紹介する J.T.S 製「ミニチュアガン ペンダントトップ」です。

ご覧の通り、スライドのセレーションと刻印以外はSWAT CUSTOMⅡを完璧に再現しています。
商品webサイト





マズル、バレルブッシング、3ホールトリガー、Kimberリアサイト、スライドストップ、マガジンキャッチ、ハンマー、サムセフティ、グリップセフティ…

360mm×230mmの中によくこれだけ造り込んだものだと感心します。



ここまでアップに耐えられるミニチュアガンも珍しいです。



「グリップは別パーツで再現しました」と言われても納得しそうなクオリティですが、すべて無垢のシルバー925に彫金を施して再現されています。
思わず「どんだけ1911が好きなんだ?」とツッコミたくなります。

マガジンが自重で落下しそうです。
思わず5枚のブルズアイターゲットを撃ちたくなります。

チェーンを付けるとこんな感じです。新品なのでピカピカ輝いてます。



セレーションを省略したのが気に入らなかったのか、続編の「ベレッタM92」ではセレーションも完璧に再現して変態指数がUPしています。
商品webサイト

ずっと欲しいと思ってましたが値段が値段なので、夏のボーナスで思い切って購入しました。
とはいえエアガンならポンと出してしまう金額なのですが。
趣味にハマると金銭感覚が麻痺する良い例ですね。

今日はコレをつけてお出かけです。
汗でくすむのは嫌ですが、それを手入れするのもシルバーアクセサリーの楽しみです。私は面倒なので洗浄液にドボンで済ませてますが。





マルイ1911より高額なミニチュアガンです。
20gという数値以上にずっしりとした重さが心地良いです。
アクセサリーを付けない方も、コレクション用に買って損はないと思います。

オススメです!

(さらに…)

ガンケース②

手持ちの実銃ガンケースが増えてきました。



並べるとなかなか壮観です。
ガンケースのコレクションをされる方がいるのも頷けます。
これはこれでハマりそうな楽しさがあります。

今回はガンケースの紹介です。
ちゃんと中に同じ実銃メーカーのエアガンを入れてます。

まずはベレッタです。

サイトロンジャパンが輸入販売しているので、一時的な在庫切れを別にすれば常に市場に流通しています。
一番入手しやすい実銃ガンケースです。

以前「このガンケースはベレッタ社がトイガン用に販売しているもので、正規品だが実銃ガンケースとは別物」と聞いたことがありますが、真偽の程は分かりません。

ただベレッタ社の公式webサイトに掲載されていないのは事実です。



中身はマルイM92Fミリタリー改「ドルフィン」です。



次はグロックです。

こちらは正真正銘、本物の実銃ガンケースです。
取扱説明書やクリーニングロッド、ガンロックキーなどの付属品が本物の証拠です。

これも流通量が多いので容易に入手できます。



中身はいずれ紹介しますが、マルイがG34を発売する前に作製したG17改フルチューンG34です。

初速アップが難しいマルイG17で初速90m/s超えを実現したスーパーグロックです。最初はDETONATOR製メタルスライドキットを使用していましたが、マルイG34が発売されたのを機に、部品注文でスライドとアウターバレルをマルイ純正品に交換して完全合法化しました。



次は以前、少しだけ紹介したH&Kです。

こちらはwebショップで極少数がスポット販売されるのを根気強く待たないと入手できません。ソフトガンケースは常に流通していますが、ハードガンケースは極めて流通量が少ないです。
オクでもたまに出品されているのを見かける程度です。



中身はKSC USP.45です。
マガジンベースをタクティカル用に交換している以外は全くのノーマルです。



次はCZです。

ここ最近、アクセスオーバーシーズ扱いのCZガンケースがwebショップで極少数だけスポット販売されるケースが時々見られます。
このガンケースはamazonで購入しましたが、ケース側面にアクセスオーバーシーズのステッカーが貼られていました(剥がしました)。

アクセスオーバーシーズに直接注文しても、返事は早くて半年後なので全くアテになりません。どこかのwebショップでスポット販売されるのを気長に待つ以外、入手方法はなさそうです。

といいながら、運が良ければポロッと入手できたりします。
取扱説明書やクリーニングロッドなど付属品が多いので、お得感が高いです。



中身はKSC CZ75 2ndです。

これはジェリコ作製の際に切り刻んだCZの姿があまりにも不憫だったので、改めて中古品を買い直したモノです。
切り刻んだのと同じABSのシステム7です。今では結構レアアイテムです。
全くのノーマルです。

ジェリコよりガンケースに馴染んでます。
純正ガンケースならではですね。



最後はマグナムリサーチです。

これは国内で売られてるのを見たことがありません。
入手の経緯は前回記事にした通りです。
個人輸入か輸入代行以外では入手できないと思います。



中身はハドソンジェリコ改ウージーイーグルです。

マグナムリサーチに統一する関係でこちらに入れましたが、空間を持て余してる感がハンパないです。
やはりこのケースは二丁用またはデザートイーグル用ですね。



以上が私が持ってる実銃ガンケースです。

他にもスプリングフィールドやSIGなど「ガンケース+エアガン」を実現できそうな組み合わせは存在します。
私的にはカーアームズやタンフォリオなどの変態チックなガンケースが欲しい所ですが、入れるエアガンに困るのが目に見えてます。
輸入代行も安くはないですし。

お手軽なのはスプリングフィールドですね…

(さらに…)