マルゼンVz61スコーピオン⑦

すっかり秋になりました。
紅葉はまだ先ですが、赤とんぼが飛んでいます。
絵に描いたような秋の風景です。



台風24号が来る直前にVz61のロケをしました。
朝晩は冷えますが日中は暖かいのでまだまだイケます!

いつもの様に工業団地に行くと、ビニールハウスの前に軽バンが停まっています。そしておじいさんが伸び放題でジャングル状態の草を草刈り機で刈っていました。
これではロケはできません。ダメ元で府中湖に向かいます…



到着しました!
なんと釣り人がひとりもいません! 秋の府中湖なのに珍しい!
さすがに台風直前なので釣り人達も自重したのでしょうか?



ポカポカ陽気の湖畔は気持ち良いです!
味気ない工業団地とは比較になりません! やっぱりロケは府中湖です!
行楽しながらエアガンを撃っている気分です!

S字型の枝もちゃんと残っていました。
モンスターエナジーの空き缶をセットするとテンションが揚がります!



まずはブツ撮りです。
青空の下で見る佐世保グレイはとても明るい色です。少しだけ青色の成分が含まれているらしく、グレーにも水色にも見えます。





ストックを伸ばしてみます。
なんとも中途半端で撃ち難いストックですが、伸ばせばそれなりに長くなります。
この長さは屋外でなければ撮影できません。





念願の「チェコグレーのVz61」が遂に完成しました!
こうして写真に収められて感無量です!
それでは帰りましょう…

ではなくて!

ブツ撮りが終われば動画撮影です。まだ帰ってはいけません。
マルイ0.2gバイオ弾を装填して初速を計測します。

  一回目 76.74m/s
  二回目 75.83m/s
  三回目 75.15m/s
  四回目 75.25m/s
  五回目 76.61m/s
 平均初速 75.91m/s

非常に安定した数値になりました。

それでは標的射撃です。
久々の府中湖なのでワクワクします!



しかし…
なかなかホップ調整が決まりません。一杯までネジ込んでも半分まで緩めても、どうやっても弾がドロップしてしまいます。
ホップパッキンがヘタっているのかG&G 0.28gバイオ弾が重過ぎるのか、そもそもマルゼンのホップ機構がこうなのか判然としませんが、精一杯ドロップを抑えたセッティングで撃つしかありません。

それではご覧下さい。
今回のBGMはチェコ共和国の民族舞踊「ポルカ」を元にポーランドの作曲家シゲチンスキーが作曲した『踊ろう楽しいポーレチケ』のオルゴールバージョンです。
コチラです


結果は次の通りです。

 ・ 10m 26発中7発ヒット
 ・ 20m 29発中2発ヒット

弾がドロップするのでどうしようもないのですが、マガジンをフォアグリップとして使えるので同じトコロに正確に弾を撃ち込めます。着弾点のコントロールがとても簡単です。でなければ10mの山なりドロップ弾道で7発も当てられません。撃ちながら「コレはないわ…」と思いましたが、20mで奇跡的に2発当たりました!

ハンドガンとサブマシンガンの違いを痛感しました。
ハンドガン用のピストルカービンキットが人気なのも納得です!



ドットサイトは全く役に立ちませんでした。
まともにホップ調整ができないので、ドットのゼロインどころではありません。弾道を見ながら撃って何とか7発と2発ヒットさせました。
ドットサイトに罪はありません。Vz61のホップ機構がダメなだけです…

後で調べると、やはりマルゼンのホップ機構はイマイチの様です。
コチラの方のブログが参考になります!





とはいえ撃って楽しい銃なので目くじらを立てる気にはなりません。何もかも完璧より何かしらイマイチな部分がある方が愛着が湧くというモノです。
マルゼンVz61は「撃つと楽しい」「つい撃ちたくなる」のが何より美点です!
外装カスタムも行ったので愛着100倍です!



マルゼンVz61スコーピオンはこれで終了です!
次はどんなカスタムに挑戦しましょうか?
アイデアは山ほどあるのですが、財布が全く追いつきません…

次回に続きます!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です