マルイG17改G17Gen5⑩

昨日(一昨日)からゴールデンウイークの前半戦が始まりました。
毎日晴れてポカポカ陽気の行楽日和が続いています。
皆様はどのようにお過ごしでしょうか?



私はフツーのサラリーマンですので、連休など全く関係ないどころか超不規則な飛び石勤務を強いられて、正直、迷惑以外の何物でもありません。
しかも左手はまだモノを軽くつまんで持つ位しかできません。仕事し難いったらありゃしない状態です。

とまぁこんな感じですが、ぼやいていても仕方ありません。
グロックの製作を続けます。

昨日、交換式バックストラップを固定していたセロテープをすべて剥がしました。
ピンは挿したままです。







剥がれて浮いてくる気配はありません。
ピンを抜いてもビクともしません。完全にプラリペアで溶着されています。
引っ張っても叩いても剥がれそうにありません!
ガッチガチです!

しかし…

何日もセロテープで完全密封していたため、気化したリキッド(硝酸メチレル)がABS樹脂の表面を柔らかくしています。
ハミ出したプラリペアもゴムの様な状態で、完全硬化していません。

仕方なく丸一日放置します。
表面が完全硬化してくれないと仕上げ作業ができません。





そして今日(昨日)、最終仕上げを行いました。
ハミ出したプラリペアの除去と表面の仕上げ作業です。

ガンガン注入した割には僅かな量しかハミ出していません。
それをカッターとペーパーで削り取ります。



ビーバーテイル下部の曲面を深く削り込み、取付部分の立体感を強調します。
側面の隙間もペーパーで自然な感じに仕上げます。
こうする事で「ベチャッと張り付いている」感が薄らいで、いかにも交換式バックストラップがパコッ!と外れそうな雰囲気が出てきます。





マグウェル部分の内側も0.1mmのABS板で平面を出し直しました。
前後の隔壁やバックストラップ真下の空間も仕上げ直しています。
全体的にシャープさが増して良い感じになりました。



そしてスライドロック部分と20mmレールへ続く部分も形状を整えました。
決して完璧ではありませんが、前回よりも「らしく」なったと思います。
とはいえ左右を見比べると違いが一目瞭然なのですが。





ま、どうしても満足できなければ素のフレームを部品注文して右側の側面を丸ごと移植すれば済むハナシです。
それはそれで大変な加工になりますが…

しかし外観の完成度は追及すればキリがありません。
さすがに疲れてきました。
ブログ的にも同じ様な記事が続いてダレてきていると思います。

無事にGen5化が終わったという事で、フレームの加工は今回で終了です。
仮組して作動に問題がなければアンビスライドストップの製作を再開します。

次回に続きます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です