マルイ ハイキャパ5.1改

今回は、先日の標的射撃で使用したハイキャパ5.1改を紹介します。

コレは2014年の年末にオクで外装カスタムされた個体を入手し、後に私が定番の内部カスタムを施した銃です。なので前オーナー様のカスタムと私のカスタムが混在した、ちょっとしたカオス状態になってます。

ライラクス製ロングスライドストップは最初から交換されていました。
純正アンダーレールは私が部品注文して取り付けました。
フリーダムアート製ストレートトリガーも私が購入しました。グリーンの挿し色が派手過ぎず地味過ぎず良い感じでお気に入りです。
ライラクス製ハンマースプリングハウジングとマガジンベースも私が交換しました。



最初からスライド右側にスプリングフィールド刻印が後加工されたMEUピストルのスライドが換装されていました。どこのショップの仕事かは分かりませんが、クッキリハッキリした綺麗な刻印です。多分レーザー刻印だと思います。
グリップも最初からタニオコバ製が装着されていました。

とてもお買い得な商品でした。



ご覧の通り、ベースガンが5.1なのか4.3なのか判然としない状態です。
ただ全般に5.1の要素が多いので、5.1に4.3のハンマーとサムセフティを組み込んだ銃だと判断しています。

ま、これだけ弄ってしまえばベースガンなど関係ありませんが。

F/Rサイトは金属製のノバック風でグリーンの蓄光ドットが入ってます。
メーカーなど詳細は分かりません。



で、外観で一番目を引くゴールドのアウターバレルですが、コレは2014年の秋に逸品屋さんから購入したUAC製ステンレススチールフルートバレルです。数量限定の予約販売で、色はゴールドとシルバーの二種類でした。

このゴールドはチタンコーティングでメチャメチャ綺麗です!
自然光の下だと一層映えます!



今ライラクスが売ってる「フルートアウターバレル」の元ネタ(パクリ元)ですが、品質が全く違います! 比較になりません! ステンレススチールです! とてつもなく重いです!

この記事を書くために調べたら、今はamazonでフツーにこのバレルが売られていて「えええー!」と驚きました。お値段もお安いですし。とても複雑な気分です。

金属の純度が高いので、スライドを閉鎖すると亜鉛合金のチャンバーとぶつかって「キィン!」と金属音を奏でます。前回のロケ画像でこの銃だけ明らかに作動音が違ってたのは、この金属音とイマイチ元気ないブローバックが原因です。



ブローバックが元気がないのは、前オーナー様が入れていたライラクス製ダイナピストンヘッドが原因です。普通に部屋打ちしても「ポフッ!」て感じで、明らかに気密不足です。

購入当時に分解してシリンダーの動きを調べましたが、結構スカスカでした。ただ毎回、最初の一発目だけ「ポフッ!」で後は「バスン! バスン!」と純正以上に快調作動しましたので「癖なんだろう」と思ってました。

しかし今回久々に撃ってみると、パッキンが劣化したのか全弾「ポフッ!」に近い作動しかしません。ただでさえ「効果がない」とか「逆に初速が落ちる」とか評判のよくない製品が劣化したら、そりゃあ快調ブローバックなんて望むべくもありません。

それでもホップ調整で20m以上飛んでしまうのがマルイの凄い所ですが。

そのホップ調整も手こずりました。あるブログに「ツイストバレルはホップ調整窓が浅いので、強くホップをかけると弾道が上下左右あらゆる方向に散る」とありましたが、まさにそんな感じでした。
右上に散るだけなら修正できますが、あらゆる方向に散るので「え!えぇぇ!?」と撃った結果が前回の10発ヒットです。
7mの室内シューティングでは分からなかった欠点です。

ツイストバレルは私の好みで交換しました。これ以外は、
 ・ ロケットバルブ
 ・ ギガバルブ
 ・ リコイルスプリングガイド
 ・ エアロシールパッキン

くらいしか弄ってません。

このハイキャパは改修するまで紹介する予定ではありませんでした。
というのも、ハイキャパはもともとメタルシャシーです。それにメタルアウターバレルを入れるとメタル比率がかなり高くなってしまいます。しかもステンレススチールという極めて高硬度な金属なのでちょっと…

今はメタルカスタムを一切やめてますので、いずれ純正アウターバレルに戻す予定でした。ブローバック不良もそのときに同時に直すつもりでした。



しかし今回屋外で撃ってみると、ゴールドのアウターバレルがとても綺麗で良い感じです。
ハイキャパ ゴールドマッチは通常のハイキャパとスライドの互換性がないようですが、アウターバレルだけ部品注文して入れ替えてみたいです。

ピストンヘッドとインナーバレルも別の商品に交換してみます。私の技術ではツイストバレルで20m先の的に矢のようにBB弾を打ち込む自信はありません。G17改G34はプロの作品なので別格です。

以上、ハイキャパ5.1改の紹介でした!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です