ハドソンデザートイーグル.44 カッタウェイ⑮

今日から新年度です。
新しい元号『令和』が発表されました。個人的には『平成』の時より違和感が少ない気がします。字面に格式を感じるとか語感が風流とか、そんな印象です。

香川県の桜は五分咲きです。
満開になる前の桜は瑞々しくて花弁がピン!としています。
生命力を感じます。



そんな新年度初日の今日、人事異動が行われました。
ただでさえフツーのサラリーマンな私は、今日から100万倍フツーのサラリーマンになりました。いわゆる「月金のヒト」です。
平日に休める変則勤務の方が便利&気楽で良かったのですが…



今後は作業やブログの更新が土日中心になります。それは構わないのですが、ロケがちょっと困るかな? と思います。平日でさえ釣り人達とバッティングする府中湖で土日にエアガンの射撃動画を撮影するのはハードルが高いです…

デザートイーグルは塗装の真っ最中です。
『マトリックス』のデザートイーグルに拘るならリアルさ度外視で真っ黒に塗装するトコロですが、ディスプレイケースの底板を無垢の木材に決めた時点でその選択肢は消えています。

という訳で今回は年季の入ったデザートイーグルでよく見る「ブルーイングが赤紫色に変色した個体」を再現したいと思います!
例えばコチラです



奇しくも私のデザートイーグルと同じ.44口径のマークVIIです。
見事に赤紫色に変色しています。バレルは熱処理が施されるので、全く同じブルーイングが施されても変色の具合が異なります。

この現象はM1911A1にも見られます。熱処理されたスライド先端部分は綺麗なブルーを保っていますが、それ以外の部分はブルーが褪色しています。
コチラです



しかし「ブルーイングが変色した赤紫色」という都合の良いスプレー塗料はありません。こういう場合は調色してエアブラシで塗装…となりますが、私はエアブラシは持っていません。

「amazonで初心者用のエアブラシを買おうかな」と思って色々見ていると…見つけました! 塗料と溶剤さえあれば誰でも好きな色が塗装できるお手軽ツールです!
『ガイアノーツ イージーペインター 塗装ツール 80ml』です!
コチラです
私もレビューを書いています



エアダスターに筒状の塗料ケースを装着してスプレー塗料に仕立て上げた、見たまんまの製品です。潔いほどの安直さです!



モトネタはソフト99の『エアータッチ』という、クルマ用のタッチアップペンを装着してスプレー塗料に変換する製品です。この製品を汎用簡易スプレーに改良したのが今回購入した『イージーペインター』です。ソフト99公認のOEM製品です。
『エアータッチ』はコチラです



期待半分…な心持ちで塗料と溶剤を混合します。
今回はクレオスの黒鉄色と焼鉄色とメタルパープルを5:1:1の割合で組み合わせました。比率は適当です。綿密に計算して決めた比率ではありません。





ドブの様な色になりました。うっすら紫色に光るラメ状の粒子がドブっぽさを際立たせていますが…とりあえず「紫色が自己主張し過ぎない」のでOKとします。

今回も強風下での塗装になりました。
しかし! この『イージーペインター』は悪条件でも物凄く塗り易い!
内圧を下げた専用のエアダスターを使用する事で、噴射の勢いがフツーのスプレー塗料より弱く設定されています。おかげで至近距離から吹き付けてもドバッ!と塗料が出過ぎる事がなく、綺麗な薄塗りが簡単にできてしまいます。コレは良い!

全くタレずに綺麗に塗れました!
スプレー塗料とは比較にならない塗り易さと仕上がりの美しさ! 目からサカナ一匹分のウロコが落ちました! そのくらい素晴らしい製品です!



しかし…
どう見てもフツーのブロンズ色になりました。こんな事なら手間をかけて調色しなくても、普通に「ブロンズ色」のスプレー塗料を購入すれば良かったです…

しかしメタルパープルを混合しているので、光の加減でギラッ!とダークな紫色に輝きます。紫色が主張する部分がフツーのブロンズ色と異なるトコロです。
ま、変色したブルーとは似ても似つかぬ色ですが…

今回は様々な色のパーツが無数に存在するので、順次塗装している最中です。
組み立てまで時間がかかりそうです。

次回に続きます!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です