ハドソン ジェリコ941⑤

二日間放置してカチンコチンに硬化したジーナスを削り落とします。

ここでちょっとしたトラブルが発生しました。
ジェリコマガジンとCZマガジンは前後幅は同一なのですが、左右幅はCZの方が1mmほど狭いです。前回は二個の部品を合体させるだけだったので上手くセンター出しができましたが、今回は5mmスペーサーを含む三個の部品を合体させるのに難儀して、微妙にセンター出しを失敗しました。
フォロアー溝の右側を基準に一直線の並びを出しましたが、実はフォロアー溝はジェリコよりCZの方が広いため、右側の側面が1mm引っ込み、左側の側面がツライチという不格好な仕上がりになりました。



不格好なだけなら良いのですが、いざジェリコ本体に挿入しようとすると左側が干渉して入りません。仕方なく棒ヤスリでガシガシ削って調整しましたが、マガジンが自重で落下するまで削るのに一時間ほどかかりました。



途中で挿したマガジンが抜けなくなってプラハンマーでガンガン叩いてたら、フレームを叩いて変形させてしまいました。まさに泣きっ面に蜂です。

そんなこんなで調整が終わったマガジンに、各部品を組み込みました。





汚いですね…
まぁ悪名高いジェリコマガジンですので、このまますんなり作動確認が終わって快調作動になる訳がありません。マガジンを完璧に作動させるまでこのまま作業して、最後にブラッセンで塗装する予定です。

マガジン上部のガス放出部分はこんな感じになりました。



ガスケットが入るようにジーナスを削り落とすのですが、落とし過ぎると穴が開いてしまうので苦労しました。
ガスケットとマガジンリップを取り付けるとこんな感じになります。
放出バルブの頭が取付面とツライチなのに注目して下さい。



写真はありませんが、実はジェリコの放出バルブは頭が取付面から1mm奥まった位置になるように設計されています。しかしCZの放出バルブはツライチ設計です。そのまま合体させると確実に不具合が発生します。



このことは事前に採寸して把握していました。なのでCZのバルブ取付面が1mm奥まった位置にくるように前後幅を調整して切り出して合体させました。見た目は不格好ですが、この段差にはこのような重要な意味があります。

ジェリコ本体に挿入してみます。グリップは外してます。



なんか違和感ありますね…



マガジンがハンパなく飛び出してます。実に前方4mm、後方3mmの突出量です。ある程度飛び出すだろうとは予想してましたが、ここまで飛び出すのは想定外です。よく見ると、二箇所のジーナス接合面に各1mmの厚さがあります。逆算すればスペーサーは幅2mmで良かった訳ですが、いまさらそんな結果論をいっても仕方ありません。もう一回切って合体し直すのはゴメンです。

いよいよガスを注入してみます…


漏れません! 全く漏れません! プスッとも漏れません! 完璧です!!

まぁ天下のKSCマガジンを隔壁ごと移植してジーナスでガチンガチンに接着してるのですから、もはやジェリコのマガジンとはいえない状態です。ここまでやれば漏れなくて当たり前です。



ではいよいよ撃ってみます…

ポフッ…

ポフッ…

10禁モデルより弱いガスしか放出されません。BB弾を装填して撃っても弾が発射されないほど放出ガスが少ないです。どうやらバルブノッカー(部品名「プッシュロッド」)がバルブを叩く量が少ないようです。
しかしここで安易に「プッシュロッドを延長する」などしてはいけません。

マガジンの赤丸で囲った部分に注目して下さい。



長方形の穴はマガジンリップを固定するためのスリットですが、その上側のクワガタみたいな形状はなんだろう?とずっと思っていました。今回改めて観察してみると、ちゃんと意味のある形状なのが判りました。



赤丸で囲っているのがプッシュロッドです。全弾撃ち尽くしたり射撃途中でマガジンを抜いたりすると、このように飛び出したままになります。
ここからマガジンをもうひと押ししたのが、次の写真です。



このクワガタ形状はプッシュロッドが飛び出した状態でもマガジンを出し入れ可能にする形状だった訳です。これではプッシュロッド延長など論外です。

やはりマガジン側をどうにかしないと正常に作動しないようです。どこまでいっても何をやってもジェリコマガジンはやっぱりジェリコマガジンです。

なんとなくバルブ頭をセロテープで0.5mm高くしてみます。



マガジン挿入して引き金を引いてみます…

バスン! バスン! バスン!

なんとこれだけで見違えるように快調作動しました!
BB弾を装填して撃ってみると、ちゃんと全弾撃ち尽くしました! MAXパワーかどうかは分かりませんが、とりあえず「弾を発射できるジェリコ」になりました! 給弾不良が激しくて一発一発スライド操作しないといけないのでマガジンは要調整ですが、とりあえず完成までの目途が立ちました!

作動確認の動画を撮りました。玄関先なので弾は入れてません。
放出バルブはブラックバルブです。


早速、バルブ頭の高さを調整可能なギガバルブをamazonお急ぎ便で注文しました。ここまでくれば完成は目の前です!

次回に続きます!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です