ハドソン ジェリコ941②

さてジェリコです。

リューターがぶっ壊れた(ぶっ壊した)とはいえ、給料日まで放置するのもアレなので、手元の工具でできるカスタムを続けます。

ジェリコにCZのバレル一式とリコイルスプリング一式を入れてみます。
文字通りポン付けです。



KSCがジェリコをパクったのか!?レベルの互換性です。
この状態でスライドを前後にスルスル動かせます。途中で引っかかって動かなくなることもありません。マルイ1911にマルイ1911用カスタムバレルを組み込んで不具合が発生する確率を考えれば、この互換性は異常と言わざるを得ません。

だがしかし。



スライドストップの入る穴がズレています。
これではバレル一式を固定できないので、穴を広げます。



チャンバー側に広げていきます。当たり前ですがアウターバレルを外した状態で削ります。リコイルスプリング一式はロングリコイルスプリングガイド標準のジェリコ用を使いますので、不要なバレルホルダーピンは外しておきます。
ある程度削ったらスライドに組み込んで様子を見て、慎重に削っていきます。最終的にスライドストップを組み込んだ状態でインナーバレルがスライド銃口穴のセンターにくるまで削ればOKです。
アウターバレルをはめ込んで、穴の周囲を削ります。amazonで買った2,018円のUSB充電式リューターが大活躍しました。iHELP製リューター、侮れません。

組み込んでみます。



パッと見は問題ありません。スライドもスルスル動き、手を離せばジャコン!と閉鎖します。
しかしマズル部分が大変なことになってます。



アウターバレルが2mm長いのは事前に把握していました。その程度は許容範囲内だろうと。しかしリコイルスプリングガイドが10mmも飛び出してるのは頂けません。
スライドも2mm前方にズレてます。



スライド後端も2mmズレて、ハンマーとの間にダサい隙間ができてます。
しかもこの状態ではセフティレバーが動きません。スライドを2mm下げてやらないとフレーム側の穴と合わないので当然なのですが、これはどうしたものか…

原因はコレです。



CZチャンバーブロックのスライドストップ基部が、ジェリコより前方に10mm長いのが原因です。
「長いのなら切ってしまえ」といきたいところですが、ココを切り飛ばすとバレルストッパーがなくなるなど様々な弊害が生じてしまいます。さすがにココは切れません。

またこの10mmのおかげでリコイルスプリングがノーマルジェリコより10mm早く底付きし、スライドストロークが10mm短くなります。つまりスライドストップがかかりません。現状で切り刻みマガジンが使用不可能なため、CZバレルで給弾、発射、ブローバック、次弾装填の一連の動作が正常に行われる確証が得られません。

不安の原因はコレです。



CZバレルとジェリコマガジンの組み合わせだと、CZのフィーディングランプが短いためチャンバーとの間に空間ができてしまいます。一応、手動操作でチャンバーに給弾できるのを確認していますが、ガスで作動させたときに給弾不良が起きない保障はありません。



ノーマルジェリコの光景です。マガジンリップとフィーディングランプが密着しています。この二枚の写真を見比べると、動作確認前にあれこれイジるのを躊躇してしまいます。

CZバレルが完璧に機能した場合、次の加工が必要です。
 1. スライドストップノッチを10mm後退させる。
 2. リコイルスプリングガイドを10mm短縮する。
 3. スライドが2mm前進しているのをなんとかする。

1と2はプラリペアとジーナスで簡単にできますが、3はどうしたものか。現状で良い解決案が思い浮かびません。

ちなみにウチのジェリコはスライドを既にプチカスタムしています。
本当に「プチ」です。



スライド前方下部のダストカバーを肉抜きしています。皆様ご存知の通り、ジェリコのこの部分は亜鉛合金の別パーツ(部品名「スライドウェイト」)です。文字通りウェイトのためだけの部品なら外してしまえば済みますが、実はブローバック時にこの部品がインナーシャーシ(部品名「サブシャーシ」)と接触することで、スライドが後退し過ぎてハンマーに乗り上げるのを防いでいます。なのでこんなメンドクサイ切削加工で最低限必要な部分を残して軽量化しています。もちろんリューターがぶっ壊れる前に行った加工です。

雑に切って雑に黒染めしてます。



またリコイルスプリングをKSK製マルイM92F用120%スプリングに交換しています。そのスプリングが10mm余計に圧縮されてるのとスライドが軽量化されてるのとで、スライド動作はノーマルジェリコと比較にならないくらい軽くて鋭いです。ノーマルが「シャコン」なら今のジェリコは「ジャコン!」位の差があります。

しかしスプリングを強化してもノーマルジェリコのスライドは前進しません。やはりこれは他機種のバレル一式を移植した弊害でしょう。いくら互換性が神レベルとはいえ、不具合が全くないなんてあり得ません…

次回に続きます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です